営業のアポ取り!飛び込み・電話!新規のアポ取りのコツとアポ取り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛び込み営業や電話営業で、どのようにアポを取ったらいいのか分からない、不安な表情の営業職の女性



今回は、


営業のアポ取り!飛び込み・電話!新規のアポ取りのコツとアポ取り方


をテーマに、



まずは飛び込みでも電話でも、

まずは『アプローチ数』が大事ということ、



また、その際に重要なこととして、

アポが取れる・取れないは、

運もタイミングもあるので、

上手く心を心をコントロールしながら、

アプローチし続けていくということ、



さらに、

具体的なアプローチ方法のポイントは、

自分がお客様という立場をイメージして、

『この人ならアポを上げてもいいかな?』と思うために、

どういうアプローチをされたらいいかを考えて、

実践することが大事だということを、

具体的な事例を交えながら、紹介しています。




今回のテーマの前に【まずは前回の振り返りをしましょう】

営業初心者、または営業経験が少ないと分かってもらえるように、初心者マークを持った笑顔の営業職の女性




前回は、


営業未経験!転職時に役立つ!不安を払拭!結果を出す会話のコツとは


を紹介させていただきました。



あなたがお客様という立場だとしたら、

どんな営業の人が来てくれたら、

時間を作ってもいいかな?と考え、

行動すること、



疑問形の「●●ですか?」

会話をこれで締めくくることで、

金額提案までの流れを持っていくことが可能となること、



お客様の「沈黙の間」は、

値段だけ!で悩んだりしているのではない

ということを、



紹介させていただきました。




今回は、


営業のアポ取り!飛び込み・電話!新規のアポ取りのコツとアポ取り方


を紹介してみたいと思います。

 

営業のアポ取り!飛び込み・電話!新規のアポ取りはメンタルが大事!

飛び込み営業や電話営業で、どのようにアポを取ったらいいのか分からない、悩んでいる表情の営業職の女性




営業を始めた頃に、このアポが取れないとすごく焦りますよね。



しかも、

周りはバンバンアポを取っている会話が聞こえる。。。

なぜ私だけ???



みんなアポで外出している。。。

なぜ私だけ、アポが取れないの???



暗くならずに大丈夫です。



私がフリーペーパー営業の際に使っていた技を伝授します。

<スポンサーリンク>



ここで大事なのは、技術も大事ですが、

それよりも大事なことは、なんといってもメンタルです!



前にも


電話営業が初めての人必見!結果を出すやり方とメンタル維持方法とは


ご紹介しましたが、



人ってどうしても断れ続けると、

「私ってがダメな人間じゃないか?」と

錯覚してしまいます。



ですので、仕事に入る前に、

「さ〜、今日も演じ切るぞ!」と心に刻んでから、

仕事をスタートしてくださいね。

 

営業のアポ取り!飛び込み・電話!新規のアポ取りのコツとアポ取り方

飛び込み営業や電話営業で、どのようにアポを取ったらいいのかが少し分かり、後輩にも教えている営業職の女性




まずは物事を複雑に考えず、

シンプルに考えてみましょう!



アポを取るために必要なことって、

なんだと思いますか?




よーい、スタート!




考えてくれました?




正解は、


・アプローチ数


・アプローチ内容


この2つです。



まずは

アプローチ数

について、紹介させていただきます。



飛び込みでも電話でも、

まずは『アプローチ数』が適正なのか、

カウントしてください。


ここで大事なことは、

適正なアプローチ数というのは、

何件アプローチしたら、

何件受注につながる可能性が高いのかという

数字を把握することです。



もし分からなければ、

先輩に聞くも良し、

自分のスケジュール帳などを見返して、

ある程度の確率を把握することが大切になります。



そうしない限り、

アプローチ数が足りている、足りていないという、

判断ができないからです。


この適正なアプローチ数を把握しても。。。


アポが取れる・取れないは、

運もタイミングもあります。



ですので、

上手く心を心をコントロールしながら、

アプローチし続けてくださいね。



そして、大事なことは、

そうです!



「さ〜、今日も演じ切るぞ!」と心に刻んでから、

スタートしてください。



次に、アポ取りをするための、

アプローチ方法

について具体例を交えながら、

紹介させていただきます。




私がつねに意識している、

営業スローガン(笑)



『出会ったお客様、仕事を一緒にするお客様の

 願望実現、課題解決を一緒にしよう!』



ですので、

いきなり売ることはしません。



大事なことは、

お客様が何がしたくて、何に困られているのか?を

知ることです。



ポイントは、

自分がお客様という立場をイメージして、

『この人ならアポを上げてもいいかな?』と思うために、

どういうアプローチをされたらいいかを考えて、

実践することです。



あなたに質問です。

あなたならどっちの営業なら、

アポを上げてもいいなと思いますか?

飛び込みや電話の場合、どちらでも一緒です。



・パターン1

Aの場合

「●●地域の担当になりましたので、ご挨拶に伺いました。」



Bの場合

「広告のご案内でお伺いしたんですが、広告担当者の方いますか?」



・パターン2

Aの場合

「近くの●社や大手の●社も掲載いただいる媒体です。

 情報交換も兼ねて一度、ご挨拶も兼ねて、お伺いしたいのですが?」



Bの場合

「今ならキャンペーンやっております。お時間いただけないですか?」



答えはそう、

『Aの場合』ですよね。

 

まとめ

飛び込み営業や電話営業で、どのようにアポを取ったらいいのかが分かり、結果が出て、自信に満ち溢れている営業職の女性




今回は、


営業のアポ取り!飛び込み・電話!新規のアポ取りのコツとアポ取り方


を紹介させていただきました。



まずは飛び込みでも電話でも、

まずは『アプローチ数』が適正なのか、

カウントしてください。



その際に大事なこと、

絶対忘れないでくださいね。

アポが取れる・取れないは、

運もタイミングもあるので、

上手く心を心をコントロールしながら、

アプローチし続けてください。



具体的なアプローチ方法のポイントは、

自分がお客様という立場をイメージして、

『この人ならアポを上げてもいいかな?』と思うために、

どういうアプローチをされたらいいかを考えて、

実践することです。



現状なかなかアポ取りが上手くいってない人は、

ぜひ、逆の視点で、

自分のトークを見直してみてくださいね。



もちろん、

現状がうまくいっている人も、

ぜひ、逆の視点で、

今のトークにさらに磨きをかけていってください。


 

ココロが軽くなる、歴史上の人物の名言からも元気をもらいましょう!


日露戦争における勝利の立役者の一人!戦術家!

秋山真之



彼の名言は、

・明晰な目的樹立、狂いのない実施方法、そこまでは頭脳が考える。

 しかし、それを水火の中で実施するのは、頭脳ではない。

 性格である。

 平素、そういう性格をつくらねばならない。





次回は、


営業職!売上達成・目標達成!営業で結果を出せる!営業の外回りとは


という話を紹介します。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*