営業!自己紹介チラシ!自己紹介シート!例は何がいい?誰でも簡単!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新規の営業活動を頑張っている、営業職の女性の写真



営業で結果を出したくて、

自分なりには頑張っているんだけど。。。



・どうしてもお客様の前だと緊張して、

 上手く喋れない人



・お客様のことをキチント考えて、

 話をしているんだけど、

 なんかいつも空回りしていると

 感じている人




必見です!!




今回は、


営業!自己紹介チラシ!自己紹介シート!例は何がいい?誰でも簡単!


をテーマに、



『自己紹介チラシ・自己紹介シート』を作成し、活用することにより、

営業で結果を出すためのポイント、



『まずは自分を売り込むこと!』



『話をきっかけを作れば話がうまくいく!』



この2点を、

たどたどしく話すことなく(笑)

アピールすることにつながることを、

今から!誰でも!活用できる、

営業で結果を出す、

自己紹介チラシ・自己紹介シートの作り方を、

具体例を交えながら紹介させていただきます。


また、今はどうしても、

「飛び込みで営業するのがキツイ!ツライ!」という方には、

今回ご紹介するチラシの内容に、

キャンペーン情報などを合わせて記載し、

自らポスティングして、反響営業することもオススメしています。



今回のテーマの前に【まずは前回の振り返りをしましょう】

営業で頑張ってるのに結果が出ない!営業に向いてない?すぐ辞めたい!と自宅で泣いている営業職の女性の写真



前回は、


営業で結果が出ない!営業数字上がらない!営業向いてない?辞めたい


を紹介させていただきました。



上手くいかない時に必要なこと、

まずは現状分析が大事で、


まずはメンタル面として、

あなたはなんでこの会社に、

就職や転職する決断をしたのかを振り返りつつ、



私が勇気を奮い立たせる言葉


『最初から上手く結果を出せる人はいないし、

 結果すべてが上手くいく人はいない!』


『解決できる問題しかその人に降りかかってこない』


『明けない夜はない』


を紹介させていただきました。



次に、技術面として、

冷静にまたシンプルに考えると、

営業で結果を出すまでの過程って、

大きく分けると下記の3つに分けられ、


・どのくらいのアプローチ数をこなして


・どのくらい提案をし


・どのくらいお客様から結果をいただきましたか?


この3つのどこかに原因があり、それを解決すれば、

結果につながるということを、

紹介させていただきました。



今回は、


営業!自己紹介チラシ!自己紹介シート!例は何がいい?誰でも簡単!


を紹介してみたいと思います。



営業!自己紹介チラシ!自己紹介シート!例は何がいい?誰でも簡単!

営業における自己紹介チラシや自己紹介シートには、どんなことを書けばいいんだろうと考えている姿をイメージさせる写真



フリーペーパーの営業職をスタートした際に、

すごく結果を出している先輩にこんな質問をしてみました。


『先輩みたいに結果を出すためにはどうすればいいんですか?』



すると、その先輩は、

<スポンサーリンク>



『まずは自分を売り込むこと!』


『話のきっかけを作れば話がうまくいく!』



『なるほど、なるほど!さすがですね!!

 先輩!具体的な方法を教えてくれませんか?』



すると、先輩が一言

『そんなのないよ!気合だよ』

ははは。。。



私の心の声

『具体的に教えてくれよ〜!』



ここから私のリサーチ&ヒアリングスタート(笑)

そしてついに解決策を発見しました。



上手く話せなくても!

上手に話のきっかけを作るやり方、



それが、

『自己紹介チラシ・自己紹介シート』なのです。



それでは、私が使用していた

営業で結果を出す、

自己紹介チラシ・自己紹介シートの作り方を具体的にお伝えします。



仕事でなくても、

初めての方にお会いした際に、

話が弾むポイントってありますよね?



そうです、共通点です!



それを自分が公表してもいいと思う情報を開示して、

A4の紙に写真を入れて作成するだけです。

しかも、シンプルで大丈夫です。



ちなみになぜ、写真を入れるのかというと、

コロナで営業スタイルが変わってきていますが、

以前東京の都心では、

なんと1日に15人の営業マンが飛び込みに来ると

話を伺ったことがあります。



写真を入れることによって、

覚えてもらいやすくなることと、

次にお会いした際に覚えてくれている確率が上がるからです。



それでは、具体的に自己紹介チラシに入れる項目を紹介します。


・名前


・年齢


・県や地名などの出身地


・出身中学


・出身高校


・出身大学


・特技


・趣味


・学生時代に力を入れていたこと


・持っている資格


・ゲームを40時間寝ずにしたことがありますなどの面白いエピソード



などなど



こうすることによって、

営業で結果を出すためのポイント、


『まずは自分を売り込むこと!』


『話のきっかけを作れば話がうまくいく!』



この2点を、

たどたどしく話すことなく(笑)

アピールすることにつながるのです。



上記のような情報をお伝えすることによって、

上手くいった事例を3つご紹介します。



私が子供の頃に、

ピンポーン『●●新聞です。』の一声から、

母親が新聞の勧誘を受けた際のエピソードです。

その頃、小さくて可愛かった私(笑)


その新聞を勧誘している方と母親の会話を

横で聞いていました。


・●●新聞の方
『新聞、何か取られてますか?』


・私の母親
『●●新聞を読んでいます』


その後の会話のやり取りは、幼かったためか、

まったく記憶に残っていないのですが(笑)



私の母親が、●●新聞の勧誘の方が

「同郷」と知ったとたんに。。。


今まで読んでいた新聞をやめて、

なんと!新聞の勧誘に来た方の新聞を

来月から読むという行動に出ていました。



また、新規のお客様に初回ヒアリング後、

私自身の経験を2つご紹介します。


お伺いした会社の方の年齢は、

私と同じぐらい。

ヒアリング後の雑談で、

お互いがやっていたスポーツの話になりました。



お伺いした会社の方はサッカー、

私自身は野球を習っていて、


今では考えられない、

あるあるルール話になり、


「昔は練習中に水を飲んだらダメ」などの

昭和イズムの変なルールの話で盛り上がり(笑)



なんと、すぐに仕事をいただけることになりました。




もう一つの体験は、

私の息子の話がキッカケでした。



お伺いした会社の方の年齢は、

私より少し上ぐらい。

こちらも、ヒアリング後の雑談で、

どちらに住んでいるの話になりました。


そこで私が『●●に住んでいて』というところから、

お互いの子供の話になり、

『私の息子が●●中の野球部なんです』と

お伝えし、

良くよく話をしていると、


なんとその方の息子さんも、

同じ中学の野球部で、息子の3つ上の先輩の代でした。


子ども同士は接点がないものの、

同じ地域に住み」、「同じ中学校」で、「同じ部活」

というだけでなく、


しかも、

共通の知り合いの方もいて、

こちらも、すぐに仕事をいただけることになりました。




ぜひ、試してみてくださいね。



また、自己紹介チラシ・自己紹介シートを作成するにあたり、

思わぬ効果があるのです。



それは、

今までの自分の人生の振り返りにもなり、


「あんなこともあったな。」


「こんなこともあったな。」


と、改めて自分の強みやアピールポイントを

整理することにつながっていくのです。



ちなみにですが、

私の出身の関東では、

出身大学を聞かれることが多かったですが、



九州では、

出身高校を聞かれることが多いです。



地域性があるということも頭に入れて、

上手く活用することも大事ですよ。



最後に、今どうしても、

「飛び込みで営業するのがキツイ!ツライ!」という方には、


今回ご紹介するチラシの内容に、

キャンペーン情報などを合わせて記載し、

自らポスティングして、反響営業することもオススメしています。



まとめ

営業職の女性が、結果を出すための自己紹介チラシや自己紹介シートの例を知り、明るい表情になったイメージ写真



今回は、


営業!自己紹介チラシ!自己紹介シート!例は何がいい?誰でも簡単!


を紹介させていただきました。



『自己紹介チラシ・自己紹介シート』を作成し、

活用することにより、

営業で結果を出すためのポイント、


『まずは自分を売り込むこと!』


『話のきっかけを作れば話がうまくいく!』


この2点を、

たどたどしく話すことなく(笑)

アピールすることにつながること、



また、自己紹介チラシを作成するにあたり、

今までの自分の人生の振り返りにもなり、


「あんなこともあったな。」


「こんなこともあったな。」



と改めて自分の強みやアピールポイントを整理することに

つながっていくので、

ぜひ、試してみてください。




ココロが軽くなる、歴史上の人物の名言からも元気をもらいましょう!


ビートたけし



・人生で楽しいことばかりじゃない。

 苦しいと思うことも生きている証だと思えば楽しめる。




次回は、


営業の名刺交換!名刺交換1回で覚えてもらう!営業の名刺入れ活用技


という話を紹介します。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*