営業に向いている?向いてない?一番大事なのは、心構えだけです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


営業で大事なことは、

人の役に立てる、立ちたいと信じて行動すること

シンプルにただ、これだけです。



営業歴20年の私の経験や事例も交えて、

紹介させていただきます。


今回のテーマの前に【まずは前回の振り返りをしましょう】




前回は、


営業は心得が大事だと言われるけど、具体的にどうすれば?誰か教えて



と題して、


営業とはお客様のコンシェルジュで、

役割は、



・お客様の願望を実現する



・お客様の課題の解決を手伝う



2つに集約されるという話をさせてもらいました。



次に大事なこと、それは、想いを持ち続け、

人の役に立てる、立ちたいと信じて行動することです。

今回はこのあたりの話を紹介してみたいと思います。

 

営業に向いている?向いてない?判断する前に少し考えて欲しいこと


今までの人生でいろんな方とお話をさせていただいたり、

また、いろんな人の相談にのってきました。



特に営業という仕事を初めてする方にとっては、


・テンションを何とか上げて、新規のアプローチを頑張っているのに!


・商談は教えてもらった通りに、話しているつもりなのに!


・早く結果を出したいから、休みの日も資料作りをしているのに!



勇気を振り絞って、何とか頑張ってるのに、

何度も断られて続けて、結果が出ないと、

「私、営業に向いてないかも?」と自信をなくしてしまいますよね?

 

<スポンサーリンク>



こういう私も、フリーペーパーの会社に入社した1ヶ月半は、

新規件数が、なんと!0件でした。

毎日誰よりもすごく営業活動をしているのになんで??

「自分は営業という仕事に向いてないのかな?」と

悲しくなり、自信を喪失しそうでした。



そんな状況の中、入社後の研修があり、救われたのです。

 

 

営業に向いてない?と自信をなくしていた自分を元気付けてくれた研修



上場したてということもあり、

所属していたフリーペーパー会社には、

自分も含めて、新しい人たちがたくさん入社してきました。



自分は同じタイミングで入社してメンバーがいませんでしたが、

前後3ヶ月ぐらいを同期という扱いで、

そのフリーペーパー会社は研修を定期的に実施してくれました。



今でも連絡をとる同期もいて、研修をしていただいた

その会社には今でも感謝しています。



話が脱線しました(笑)

元に戻しますね。



その研修では、お客様に対しての提案の仕方や、切り返しトークなどに加え、

自分を元気付けてくれた「営業の考え方」についての研修もありました。

具体的に言うと、2つです。



営業という仕事の心構えで大切なこと。


1.情熱×行動×技術


2.飛行機は着陸の特より、離陸の時の方がパワーがいる




1つずつご紹介したいと思います。



まずは、

1.情熱×行動×技術をご紹介します。


大事なのは、この順番と方式です。

どんな仕事でも、まずは想いから。

そして、それを表現するための行動力。

最後が、営業トークなどの技術なんだと。



つまり、自分より先に入社した営業経験のある先輩には、

技術では負けるのは当然のこと。



だだし、



・今の自分よりも必ず結果を出すんだ!


・お会いできたお客様のお役に必ず立つんだ!



という、

熱い情熱を持ち、またそれを持ち続け、


行動すれば、


つまり、


熱い情熱と持ち続け、かつ行動し続ければ、

結果は必ず出るだけでなく、

先輩にも負けいないということだったのです。



具体的にご説明すると、お分かりいただけると思います。



1.情熱×行動×技術

・新人Aくん 情熱(10)×行動(10)×技術(1)=100

・先輩Bさん 情熱(2)×行動(3)×技術(10)=60



また、ポイントとしては、

この公式は「足し算」ではなく、「掛け算」ということです。



もうお分かりですよね?情熱、行動、技術のどこかに0という数字が入ると、

結果も自ずと0になるということです。



・元気のない先輩Cさん 情熱(0)×行動(1)×技術(10)=0




次に、

2.飛行機は着陸の特より、離陸の時の方がパワーがいるをご紹介します。



飛行機に乗ったことある方ならお分かりだと思いますが、

離陸する時のスピードと、それにより体に受ける重力って、

すごくないですか?

すごい早いスピードで滑走路を走り、早い空気の流れを翼に当てないと、

離陸できないため、そうしているそうです。

そうです!これが営業と一緒だと教えられたのです。



結果を出すためには、

飛行機のスピードは、自分のできる範囲の中での営業量、

早い空気の流れを翼に当てることは、断られたりなどいろいろと経験をすること

この2つをによって

離陸=結果が出るということを学ぶことができたのです。

 

営業に向いてない?と自信をなくしていた自分が研修で学んだその後は


そんな矢先、当時の上司から、

自分が担当する地域の広告特集を1ヶ月後に実施せよ!

との指示をもらいました。



結果が全然出ていない私は本当にやりきれるか?

すごく心配ではありましたが、



心に元気をもらった自分は、

これまで以上にアプローチ数を自分で設定し、

増やしていくことに決めました。



具体的には、

今まで名刺をもらった方にはアポ取りの電話を、

新しく提案できるお客様を探すためにはアプローチ数を増やし、

1日最低100件のコンタクトをとると決めて、

行動してきました。



結果は。。。

圧倒的な行動量に神様が味方をしてくれて、

なんと、1ヶ月間で新規15件とることに成功したのです。

 

まとめ


営業に向いてない?ということはない!

大事なのは情熱と行動と技術の組み合わせ

初めから上手くいく人は、本当に一握りです。



大事なのは、焦らずに、当たり前のことを、当たり前に続けることです。


営業で大事なことは、人の役に立てる、立ちたいと信じて行動すること。



そのためには、今回ご紹介した、


1.情熱×行動×技術


2.飛行機は着陸の特より、離陸の時の方がパワーがいる



この2つをぜひ思い出してくださいね。

 

ココロが軽くなる、歴史上の人物の名言からも元気をもらいましょう!

 


渋沢栄一



彼の名言は、



・ただそれを知っただけでは上手くいかない。

 好きになればその道に向かって進む。

 もしそれを心から楽しむことが出来れば、

 いかなる困難にもくじけることなく進むことができるのだ。




次回は、

営業がうまくいかない時!営業がつまらない!【解決法は原点に戻る】

という話を紹介します。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*