営業で結果が出ない!営業数字上がらない!営業向いてない?辞めたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

営業で頑張ってるのに結果が出ない!営業に向いてない?すぐ辞めたい!と自宅で泣いている営業職の女性の写真



上手くいかない時に必要なこと、

まずは現状分析が大事で、



・メンタル面



・技術面


2つの視点から考えることが

重要であること。



また、営業歴20年の私自身が、

物事がうまくいかないときに、

勇気を奮い立たせるオススメの言葉も

紹介させていただきました。



今回のテーマの前に【まずは前回の振り返りをしましょう】

営業の訪問後に、お礼の手紙を書き終えたイメージ写真




前回は、


営業で営業の新規開拓!営業はお礼メールや手紙が大事!即感謝の心を伝える


をテーマに、



ここで大事なポイントとしては、



1つ目は当日のうちに送ること


2つ目は打ち合わせ時に話した内容をキチント盛り込むこと


です。



お客様も自分の時間を割いて、

お時間をとってくれています。



その感謝の気持ちを、

メールや手紙で感謝の気持ちを伝えることが大事であり、



この当たり前のコツコツを当たり前のようにコツコツやることが、

営業の結果につながっていくということを、

具体例を交えながら、紹介させていただきました。





今回は、


営業で結果が出ない!営業数字上がらない!営業向いてない?辞めたい


を紹介してみたいと思います。




営業で結果が出ない!営業数字上がらない!営業向いてない?辞めたい

営業で結果が出ない!営業数字が上がらない!営業に向いてない?と悩んでいる、営業職の女性の写真




4月から新入社員として入社した方、

初めて営業という職種についた方、



かく言う私も、

最初はそうでしたし、

実は、今でもたまに思うんです(笑)



『頑張ってるのに結果が出ない!

営業の数字が全然上がらない。。。

 なんで!?営業に向いてないのかな?

 もう辞めたい!』と。。。



営業歴が20年の私でも、

上手くいかないと考えてしまうんですよ。



だから、あまり悲観的に考えないでください!



<スポンサーリンク>




上手くいかない時に必要なこと、

まずは現状分析が大事です。



まずは、メンタル面



あなたはなんでこの会社に、

就職や転職する決断をしたんですか?



知名度?


待遇面?


給料面?


やりがい?


成長性?



いろいろと理由があると思います。



フリーペーパーの営業職で結果が出ず、

精神的に辛くなったときに、

私が原点回帰した想いは、

私の仕事を通して、



『お客様の願望実現と課題解決のお手伝いをしたい!』



『読者には良い情報を届けて、行動を促し、

 感動や人生のターニングポイントとなるような、

 いいキッカケ作りを提供し、

 今以上に幸せになるようなサポートにつなげたい!』



あなたの想いはなんですか?



まずはそれを考えてみてください。



あと、私はうまくいかない時は、

こんなことも想って、

勇気を奮い立たせています。



『最初から上手く結果を出せる人はいないし、

 結果すべてが上手くいく人はいない!』



『解決できる問題しかその人に降りかかってこない』



『明けない夜はない』



心が少しは楽はなりましたか?



次は、技術面です



冷静にまたシンプルに考えると、

営業で結果を出すまでの過程って、

大きく分けると下記の3つに分けられますよね?



・どのくらいのアプローチ数をこなして


・どのくらい提案をし


・どのくらいお客様から結果をいただきましたか?



ということは、

この3つのどこかに原因があり、それを解決すれば、

結果につながりますよね?



私もそうですが、

なぜ不安になるのかというと、原因は結果が出ないからですよね。



ですので、今回のタイトルのように、

『営業で結果が出ない!営業数字上がらない!営業向いてない?辞めたい』

という想いにつながっていくのです。



気持ちが暗いときに、大事なことは逆転の発想です。

新しいひらめきが出てきます。



今回で言うと、

『私が営業で結果を出しているのは、

 何と何をしているから!

 自分が思ったより、営業に向いているな!』

と考えてみて下さい。



自分の今までのことを振り返ってみたり、

いい結果を出している先輩をイメージしてみたり、

本を読んでみたり、

結果には原因が必ずあります!



まずは、辞めるという選択をせず、

このことを考えて行動することをオススメします。



ちなみに私の場合は、

数々の結果の出ないスランプ状態を何度も経験しましたが、

一番多かった原因は、

アプローチ数の不足です。



言い訳をすると(笑)

忙しい案件などが続いた時に、

どうしてもアプローチする数が減ってしまうことが多かったので、

歳を取るごとに意識し、行動するようにしています。




まとめ

営業で結果が出ない!営業数字が上がらない!理由が明確になり、元気を取り戻した、営業職の女性の写真




今回は、


営業で結果が出ない!営業数字上がらない!営業向いてない?辞めたい


を紹介させていただきました。



上手くいかない時に必要なこと、

まずは現状分析が大事で、

まずはメンタル面として、

あなたはなんでこの会社に、

就職や転職する決断をしたのかを振り返りつつ、

私が勇気を奮い立たせる言葉を紹介させていただきました。



次に、技術面として、

冷静にまたシンプルに考えると、

営業で結果を出すまでの過程って、

大きく分けると下記の3つに分けられ、



・どのくらいのアプローチ数をこなして


・どのくらい提案をし


・どのくらいお客様から結果をいただきましたか?



この3つのどこかに原因があり、それを解決すれば、

結果につながるだけでなく、

気持ちが暗いときに、大事なことは逆転の発想をすることを

オススメしました。




最後に、頑張っているあなたに、

勇気を奮い立たせるオススメの言葉

も紹介させていただきます。




最初から上手く結果を出せる人はいないし、

 結果すべてが上手くいく人はいない!



解決できる問題しかその人に降りかかってこない



明けない夜はない




ココロが軽くなる、歴史上の人物の名言からも元気をもらいましょう!

イチローが活躍していたことをイメージさせる、シアトルにあるセーフコ・フィールド野球場の写真




日本だけでなく、アメリカでも活躍し、

日米のプロ野球において、

安打世界記録通算4367安打で、ギネス世界記録認定保持者

イチロー




・何事も前向きに行動することが可能性を生むんです。





次回は、


営業!自己紹介チラシ!自己紹介シート!例は何がいい?誰でも簡単!


という話を紹介します。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*