営業の新規開拓!営業はお礼メールや手紙が大事!即感謝の心を伝える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

営業の訪問後に、お礼のメールをどのように書こうかと考えを巡らせている、イメージ写真




今回は、


営業の新規開拓!営業はお礼メールや手紙が大事!即感謝の心を伝える


をテーマに、




ここで大事なポイントとしては、



1つ目は当日のうちに送ること


2つ目は打ち合わせ時に話した内容をキチント盛り込むこと


です。



お客様も自分の時間を割いて、

お時間をとってくれています。



その感謝の気持ちを、

メールや手紙で感謝の気持ちを伝えることが大事であり、



この当たり前のコツコツを当たり前のようにコツコツやることが、

営業の結果につながっていくということを、

具体例を交えながら、紹介させていただきます。




今回のテーマの前に【まずは前回の振り返りをしましょう】

営業チーム全体で成功事例を共有することになり、みんなが結果が出て、チーム全員の笑顔の写真




前回は、


営業の悩み!営業で何もできない!結果を出す秘訣は!成功事例の共有


を紹介させていただきました。



もう悩まない!

メッチャ簡単!

すぐに実績が出る!

ために、

どんな業界においても、



■受注に至るまでの経緯



■商品やサービスを導入してからの成功した要因と内容を分析



この2点をたくさん集め、

見える化をすることが、

結果を出すためのすごい近道なるということを、

紹介させていただきました。




今回は、


営業で結果を出す!訪問後にお礼のメールや手紙など送って意味あるの


を紹介してみたいと思います。



営業の新規開拓!営業はお礼メールや手紙が大事!即感謝の心を伝える

営業の訪問後に、お礼の手紙を書き終えたイメージ写真




私は、

フリーペーパーの営業職からスタートして、

今でも、初めてお会いした方には、

お礼のメールもしくはハガキをお送りしています。



しかも、なるべく当日に送るようにしています。



なぜ始めたかというと、

フリーペーパーの会社がそれを必ず実践するように、

促していたからです。



私はもうお礼のメールやハガキをお送りしないと、

なんかしっくりこない感じになり。。。

もう癖ですね(笑)



私の今までの営業職経験の中で、

このお礼のメールやハガキの効果を

フリーペーパー時代に実際にあった事例で

ご紹介したいと思います。


<スポンサーリンク>



まずは、お恥ずかしい話から(笑)

あれは確か入社して、

そんなに立っていないタイミングだったと思います。



初めてお会いした日に、

お礼のハガキを記入して、

その日のうちに投函しました。



その後、何度かお伺いさせていただく中で、

締め切りギリギリのタイミングで受注。



お客様にも原稿内容などを確認後、

入稿作業をしました。



数日が経ち、

誌面が納品され、

原稿内容を確認すると。。。



なんと、



地図が少し間違っていたのです。

すぐに謝罪にお伺いしました。



すると、

隠さず、すぐに謝罪に来たこと、

また地図の間違えもそんなに気になる間違えではないこと、



そして何より、

「最初に会ったときにお礼のハガキを送ってくれたから、許す!」と

言われたのです。




次は、嬉しい話を紹介します。



あれはお礼のメールかハガキか忘れてしまったのですが、

もちろん、お会いした当日にお送りしました。



その後、いろいろとご提案させていただく中で、

Aさんが

「所属する部署では現状予算がないから、

 ここの部署にいるBさんのところに行ってみて。

 もう話はしてあるからと。」と。



すぐにBさんにお会いすると、

すぐにお仕事をさせていただくことになりました。



Bさんとお仕事をさせていただくことになったことを、

Aさんにすぐにお会いしてお礼しようと伺いしましたが、

出張中ということで、

名刺だけおいていき、

その日のうちにお礼のメールを送りました。



訪問後のお礼メールや手紙、ハガキを営業の結果につなげるためのポイントは2つあります。



1つ目は当日のうちに送ること


2つ目は打ち合わせ時に話した内容をキチント盛り込むこと



です。



例えば、

「この業界は将来はこういう課題があるんだよ」と

教えていただいたら、



『この業界にこんな課題があるとは知りませんでした。

勉強になりました。

また、いろいろと教えてください。』など、

打ち合わせの際に学べた、また共有したことを

キチント記載するのです。

これ逆の立場だったらうれしくないですか?



この当たり前のコツコツを当たり前のようにコツコツやることが、

営業の結果につながっていくのです。



まとめ

営業の訪問後に、チーム全員がお礼のメールや手紙をキチント書き始め、みんなが結果が出て、チーム全員の笑顔の写真




今回は、


営業の新規開拓!営業はお礼メールや手紙が大事!即感謝の心を伝える


を紹介させていただきました。



ここで大事なポイントとしては、



1つ目は当日のうちに送ること


2つ目は打ち合わせ時に話した内容をキチント盛り込むこと


です。



お客様も自分の時間を割いて、

お時間をとってくれています。



その感謝の気持ちを、

メールや手紙で感謝の気持ちを伝えることが大事であり、



この当たり前のコツコツを当たり前のようにコツコツやることが、

営業の結果につながっていくのです。

ぜひ、試してみてください。


ココロが軽くなる、歴史上の人物の名言からも元気をもらいましょう!

イチローが活躍していたことをイメージさせる、シアトルにあるセーフコ・フィールド野球場の写真




日本だけでなく、アメリカでも活躍し、

日米のプロ野球において、

安打世界記録通算4367安打で、ギネス世界記録認定保持者

イチロー





・やれることは全てやったし、手を抜いたことはありません。

 常にやれることをやろうとした自分がいたこと、

 それに対して準備した自分がいたことを誇りに思っています。






次回は、


営業で結果が出ない!営業数字上がらない!営業向いてない?辞めたい


という話を紹介します。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*