営業職で苦手な人・苦手な客!苦手意識を払拭!苦手意識の克服法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

苦手なお客様とどのように接すればいいのか?と悩んでいる営業職の女性




営業で好きなお客様とだけ、

相性の良いお客様だけ、

仕事したい。。。

なかなかそうは、いかないものです。



「すごく話しづらいなー。。。」


「なんか知らないけど、すごく苦手。。。」


「つねに、安くしてよ!しか言わない。。。」



苦手だから

可能であれば、電話もしたくないし、お伺いしたくない。。。


そんな、

苦手なお客様と仲良くなれるコツはあるのでしょうか!?



結論

ありますよ。



それも、たった3つを意識するだけで、

本当に結果は変わってくるということを、


具体例を交えながら、

営業歴20年の私が紹介させていただきます。



今回のテーマの前に【まずは前回の振り返りをしましょう】

1つずつ確実に、スキルアップ・ステップアップしていることをイメージさせるイラスト




前回は、


営業のキャリアアップ!転職タイミング?営業のキャリアプランを描く



を解説させていただきました。



まずは、

あなたが所属する会社の部署である程度結果を出し、

かつ何かに一番になり、

自分がやりたいこと、またそれが会社の発展にも貢献するのであれば、

会社の規模にもよると思いますが、

まずは異動の相談や新しい部署の創設を直属の上司に相談し、



どうしても今の会社では自分のイメージしてる

スキルアップができないのであれば、



現状の会社との給料、待遇などを鑑み良ければ、

あなたを必要としている会社に転職すべきで、



その前に大事なことは、


あなた自身が、


・営業という立場でスキルアップしていきたいのか?



・営業の人たちをマネジメントする立場でスキルアップしていきたいのか?



つまり、

自分のキャリアプランをキチント描くこと

3年後、5年後、10年後、

こうなっていたい!というイメージです。



まずは、それを具現化することが大事になってきます。


ということを、

紹介させていただきました。




今回は、


営業の方は必見!苦手なお客様でも仲良くなるコツや秘訣を伝授します


を紹介してみたいと思います。




営業職で苦手な人・苦手な客!苦手意識を払拭!苦手意識の克服法とは

苦手なお客様に対する苦手意識を払拭するなどの具体的な克服方法を見つけ、喜んでいる表情の営業職の女性




営業職の方はいろいろなお客様と接するので、

よく抱く感情あるある(笑)



話をしたり、やりとりをしたりしていると、

・相性の良いお客様



・なんかしっくりこないお客様



・性格が明るいお客様



・いろいろと勉強させてくれるお客様



・苦手なお客様



など、いろいろなお客様に出会いますね。



若いうちは特に仕事にはならないのに、

相性のいいお客様のところに行きがちですよね?


私もそういう時がありました。


一度お仕事をさせていただいてすごく相性がいいお客様で、

お仕事をいただけるのは、

決算期の余り予算があるときだけ。



ですので、次のタイミングでお仕事をいただけるとしても、

1年後と分かっていても、ついつい顔を出してしまう。



でも、営業という仕事柄、

結果を出すために、行動しなくてはいけませんよね?



そうなると、

『苦手なお客様』でも

仕事をたくさんいただけそうなお客様のところに

お伺いし、何度も通う必要が出てきます。



苦手なお客様でも仲良くなるコツや、

克服方法はあるのでしょうか?



ありますよ!

<スポンサーリンク>



しかも、たったの3つだけです。




苦手なお客様でも仲良くなるコツ1つ目


すごく単純ですが、自分がこのお客様、

苦手だな〜」と思わないことです。

つまり、「苦手意識」を持たないことです。

そういった考えやオーラって相手にも伝わってしまい、

絶対に仲良くなることはありません。



逆説的に考えると、

好きなお客様の場合は、好きなオーラが出るから、

どんどん仲良くなっていくのです。



これうまく言葉にできず、不思議なことなんですが、

やってみるだけで全然違いますよ。




苦手なお客様でも仲良くなるコツ2つ目


苦手なお客様との共通点を探すことです。



お住まいの場所、出身地、趣味、高校や大学、

自分のことだけでなく、

子供のやっているスポーツや通っている学校でもいいと思います。



自分の情報をどんどん開示して、

1つでも多く接点を見つけることです。



なぜかと言うと、

人というのは自分と共通点が多い人に共感を持つ生き物なのです。



例えば、

話した時間や相性も一緒、

同じ値段で、同じ商品を2人の営業の方から提案された場合、

同じ出身地の人とそうでない人、

子どもの学校が一緒の人、そうでない人、

どちらの営業の方から買いますか?



そうです、共通点が多い人なのです。



ですので、

苦手なお客様ほど、雑談を増やし、

共通点を探す努力をすることをおすすめしています。




苦手なお客様でも仲良くなるコツ3つ目


接点を増やすことです。



自分が意識していた手法は、

2つあります。



1つ目は接点を増やすため、

時間の長さよりも、回数を重視していました。



つまり、10分お話しする時間よりも、

5分お話しする時間を2回することを大事にしていました。


こうすることによって、

お客様の状況が都度確認できるからです。



もう一つは、

買ってもらったり、提案するための連絡だけでなく、


・お客様の内容が新聞記事に出ていた


・ライバルの新聞記事が出ていた


・お客様に関連する業界の成功事例の記事が出ていた


・お客様に関係ない業界だが、

 新規が取れてなかったがこういった商品やサービスを確立し、

 新規が取れるようになったなど、

 悩みが一緒でその成功事例の記事が出ていた



ということなどを随時連絡していました。



自分がお客様の立場で、

同じことをやってくれたら、

いつも考えてくれていると思って、

苦手な営業も好きになりませんか?



嫌われる営業は、

買って欲しい時にしか電話しない営業です。



結果を出す営業はつねにどうしたらお客様のお役に立てるかを

考えて、行動しています。




まとめ

苦手なお客様に対する苦手意識を払拭するなどの具体的な克服方法を身に付け、自信に満ち溢れた表情の営業職の女性




今回は、


営業職で苦手な人・苦手な客!苦手意識を払拭!苦手意識の克服法とは


を紹介させていただきました。


苦手なお客様でも仲良くなるコツや、

克服方法とは、

たったの3つでした。



●1つ目

すごく単純ですが、自分がこのお客様、

苦手だなーと思わないこと



●2つ目

苦手なお客様との共通点を探すこと



●3つ目

接点を増やすこと




この3つを意識し、実践するだけで、

本当に結果は変わってきます。



本当かよ!?と思われているあなた、

営業歴20年のポジティブおじさんのアドバイスを信じて(笑)

ぜひ、明日から試してみてください。




ココロが軽くなる、歴史上の人物の名言からも元気をもらいましょう!

アメリカ合衆国第32代大統領、フランクリン・ルーズベルトの妻
エレノア・ルーズベルト



彼女の名言は、



・あなたの心が正しいと思うことをしなさい。

 どっちにしたって批判されるのだから。




次回は、


営業の見た目!営業は見た目9割!身だしなみと覚えてもらうのが大事


という話を紹介します。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*