営業の飛び込み!飛び込みが怖い!飛び込み以外のアプローチ方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛び込み営業が上手く行かず、落ち込んでいる表情をしている、新卒の営業職の女性の写真



今回は、

営業の飛び込み!飛び込みが怖い!飛び込み以外のアプローチ方法とは


をテーマに、

飛び込みって、

すごい毛嫌いされるし、

何話していいか分からないし、

断られてばかりいるとメンタルがやられそう。。。



そんな状況のときの解決策として、

「アンケート」という形式がオススメということを、

具体例を交えて紹介させていただきます。



つらい状況下で、つらい営業スタイルを続けていると、

どんどんメンタルが疲れていき、

自信を喪失してしまいます。



でも、営業はアプローチ数を維持しないと、

絶対結果は出ません。



ですので、

自分を守るために、少し工夫してみてください。



今回のテーマの前に【まずは前回の振り返りをしましょう】

頑張っているが、全然結果が出ず、営業職がきつい!疲れた!辞めたい!どうしたらいいのか?と悩んでいる、元気のない営業職の女性の写真



まずは前回の振り返りをしたいと思います。


営業!きつい・怖い・しんどい・辛い・疲れた!辞めるべき?悩み解決


を紹介させていただきました。



まず、

仕事中の私は、

私自身ではなく、俳優として演じているだけと思うこと、

これを極めると本当に心が楽になりますよ!



また、

自分でコントロールできないことには気にかけず、

自分でコントロールできることだけに、

気をかけることが大事ということを、



エピソードも踏まえて、

紹介させていただきました。




今回は、


営業の飛び込み!飛び込みが怖い!飛び込み以外のアプローチ方法とは


を紹介してみたいと思います。

<スポンサーリンク>


営業の飛び込み!飛び込みが怖い!飛び込み以外のアプローチ方法とは

飛び込み営業が上手く行かず落ち込んでいたが、アンケートを取るという方式を知り、もう少し頑張ってみようという表情をしている、新卒の営業職の女性の写真



営業という仕事で結果を出すためには、

どうしてもアプローチ数が必要となります。



営業という仕事は、

良く野球のバッターで例えられますね。

改めて、紹介します。



野球で良いバッターというのは、

10回打席に立ったときに、

何回ヒットやホームラーんを打てるかという

確率論で評価されます。



10回中3回打てれば、

3割バッターとなり、

一流選手と呼ばれます。



では、営業は?

営業は何回打席に立ってもいいのです。



つまり100回打席に立って成果を上げようが、

10回打席に立って成果を上げようが、

与えられた成果を挙げれば良いのです。



そんなの分かってるよ!

でも、飛び込みって、

すごい毛嫌いされるし、

何話していいか分からないし、

断られてばかりいるとメンタルがやられそう

という相談を良く聞きます。



そんなあなたに、私が実践した方法をお伝えします。

それは、

アンケート

という形式をとることです。



フリーペーパーの営業時代、

急に飛び込みが怖くなった時期があり、

この「アンケート」という形式を実施し、

心が楽になり、

飛び込みが怖くなくなりました。



ここからは具体的に紹介します。



まずは、逆説的に考えていきます。



飛び込む目的はなんですか?



フリーペーパーの営業時代の目的は、

お客様の「願望実現」や「課題解決」を

私の仕事を通して、実現していくことです。



ということは、

このお客様の現状や今後の願望を把握することが大事になります。



そこで!

現状や今後の願望を把握するためのアンケートを作って、

アプローチするのです。



『この地域を新しく担当することになった●●です。

 地域のことや商圏をことを教えていただきたく、

 回らせていただいております。

 5分だけご協力いただけないですか?』

とお伝えし、



あとは、聞きたいことを順に聞いていくだけです。



自分がお伺いしていたのは、

大きく分けて2つです。



●1つ目は、地域情報

・この地域はどんな人が多いのか?


・昔と比べると活気付いてるのか?


・平日と休日の人の流れの違い


・この地域の課題



●2つ目は、お客様の情報

・商圏


・顧客層


・現状の課題


・今後の展開



このアンケート形式をどんどん実施することになり、

特定の地域の情報を学ぶことができる他、

業界によっても同じ課題が浮き彫りになることにより、

それを解決できるような企画などが

立てることができるようになりました。



また、やればやるほど質問力が上がっていくのです。



具体的に言うと、

『駅前にあるお客様は以前に比べると、

 地域で買い物をする人が減って、

 みんなターミナル駅に行ってしまうんだよね。

 とおっしゃられていますが、御社はいかがですか?』

など、


具体例を挙げながらの質問がどんどんできるようになるので、

答える方も答えやすくなるのです。



これをどんどん繰り返していくと、

地域の詳細な情報とお客様の情報をミックスすることにより、

アンケートに教えていただいたお客様ごとのカスタマイズした提案ができ、

営業で結果が出しやすくなっていくのです。



あなたが今働いている業界で飛び込みという営業スタイルがなくても、

必ずアンケートという形式であれば、

取り組んで、実施できる方法だと思います。



つらい状況下で、つらい営業スタイルを続けていると、

どんどんメンタルが疲れていき、

自信を喪失してしまいます。



でも、営業はアプローチ数を維持しないと、

絶対結果は出ません。



ですので、

自分を守るために、少し工夫してみてください。



営業はアプローチを続けていけば、

必ず結果が出ます。



お互い少しでも楽しめるように、

工夫しながら頑張りましょう!




まとめ

飛び込み営業が上手く行かず落ち込んでいたが、アンケートを取るという方式を試し結果が出て、自信が出てきた、新卒の営業職の女性の写真



今回は、


営業の飛び込み!飛び込みが怖い!飛び込み以外のアプローチ方法とは


を紹介させていただきました。



飛び込みって、

すごい毛嫌いされるし、

何話していいか分からないし、

断られてばかりいるとメンタルがやられそう



そんなときは、

「アンケート」という形式をとることを紹介しました。



つらい状況下で、つらい営業スタイルを続けていると、

どんどんメンタルが疲れていき、

自信を喪失してしまいます。



でも、営業はアプローチ数を維持しないと、

絶対結果は出ません。



ですので、

自分を守るために、少し工夫してみてください。




ココロが軽くなる、歴史上の人物の名言からも元気をもらいましょう!


徳川家康


・願いが正しければ、時至れば必ず成就する。




次回は、


営業初心者!きつい・怖い・しんどい・辛い!メンタル回復本!10冊


という話を紹介します。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*