営業で人見知り!人見知りなのに営業は辛い!つらい!克服のコツとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人見知りだけど営業になり、結果が出せるかすごく不安だけど、結果が出せると信じて、強気な姿勢を貫いている新卒の営業職の女性



今回は、


営業で人見知り!人見知りなのに営業は辛い!つらい!克服のコツとは


をテーマに、



営業歴20年の私が、

私が経験したこと、

またいろいろな人と関わって、



営業で人見知りでも

結果は出し続けている人が、

実施している、

やるべき3つのこととして、




誰よりも行動し続けたこと




逆転の発想!

お時間をいただけた人は大事にし、

その人にたくさん話してもらうようにした




自分自身で決めた自分との約束は必ず達成しつつ、

必ず最後は結果が出せると

信じていたとのこと




具体例を挙げながら、

営業で人見知りでも結果は出せる

ということを具体例を挙げて、

紹介させていただきます。


最後に、

私が人見知りを克服したコツをご紹介します。




今回のテーマの前に【まずは前回の振り返りをしましょう】

上司に営業してこいと言われるが、つい先日もお客様のところにお伺いしたばかりなので、新しく話すネタもなく、公園で途方に暮れる営業職の男女の写真


前回は、


営業してこいと言うけど!話すことない!【簡単!話のネタ入手方法】


をテーマに、



「営業してこいと言うけど!話すことない」という

この苦痛を脱却する5つのステップとして、




●ステップ1

お客様の興味のありそうなネタを集める



●ステップ2

ステップ1のネタをお客様に提供する



●ステップ3

ステップ2のネタをベースに、

自分が話すんではなくて、

お客様に質問をし、

お客様に話をしてもらう



●ステップ4

ステップ3で話した内容から、

お客様の興味のありそうなネタを集め、

つねに提供する



●ステップ5

ステップ1〜4を繰り返す




次に具体例として、よく質問をもらう、

『お客様の興味のありそうなネタって?』

として、



ハズレなしの3つのポイント、



・業界の情報



・ライバル情報



・ルールや制度の変更情報



紹介させていただきました。



最後に情報の入手方法として、

私も活用している、

楽天証券に契約すると、

時間の制限がありますが、



・日本経済新聞朝刊



・日本経済新聞夕刊



・日経産業新聞



・日経MJ(流通新聞)



・日経地方経済面



・日経プラスワン



読み放題ですので、

オススメということと、




また、私はテーマによって、

週刊ダイヤモンドを購読しています。

最大45%オフ!『週刊ダイヤモンド』送料無料&発売日にお届け




上記の情報に加えて、

お客様の家族情報や趣味などの情報を

網羅できれば、

完璧です(笑)

ということを具体例を挙げて、

紹介させていただきました。




今回は、


営業で人見知り!人見知りなのに営業は辛い!つらい!克服のコツとは


を紹介してみたいと思います。



<スポンサーリンク>




営業で人見知り!人見知りなのに営業は辛い!つらい!克服のコツとは

人見知りだけど営業になり、結果が出せるかすごく不安だったけど、人見知りの克服のコツを知り、自信が出てきた、新卒の営業職の女性が笑顔で電話している写真



就職活動中の学生や、

社会人1年目で営業という職種についた方から、

よく質問される内容、

『営業で人見知りでも結果は出せるんですか?』



あなたはどう思われますか?



営業のイメージを、



・言葉が巧み



・人と会うのが苦じゃない



・積極的な性格



このようなタイプの営業でないと、

結果は出せないと

想像される方が多いと思います。



結論!

そんなことはありませんよ。




営業歴20年の私が、

私が経験したこと、



またいろいろな人と関わって

営業で人見知りでも

結果は出し続けている人が、

実施している、

やるべき3つのことを紹介したいと思います。



所属していた会社で、

教育係をしていた私は、

その子と出会ったのが、

約20年前。



最初に話したときの印象は、

明らかに人見知りであろうことが

第一印象で分かるぐらい、



・積極的に先輩や同期と話さない



・声のトーンが暗い



この子、続けられるかな?

とすごく心配していましたが、



なんとなんと、

同期で新規件数、利益額が

トップクラスの成績を挙げ続けたのです。



なぜ、

営業で人見知りでも

結果をは出し続けたのか?

をヒアリングおよび数字を分析してみると

やるべき3つのことを自分に決めて、

それを実施していたとのことでした。




誰よりも行動し続けたこと



同期のみんなと比べると

「自分は人見知り」であると、

認識していたので、

結果を出すためには、

誰よりも行動しなければと

考えていたようで、



彼曰く、



実は同期の行動量をチェックし、

行動量では必ず1番になると決めて

日々を過ごしたとのことです。



同期の1人が、

1日100件アプローチしたのであれば、

次の日は101件、



同期の1人が、

1日5件の新規アポがあったのであれば、

次の日は6件、




この話を聞いて、

私も日々の心構えと行動が

結果につながるために大事なんだと、

改めて認識させてくれました。




逆転の発想!お時間をいただけた人は大事にし、その人にたくさん話してもらうようにした



彼曰く、

人見知りの特徴としては、



・新しい人に会うのが苦手



・新しい人と何を話していいか分からない



この苦手な2点を克服するために、

行った方法としては、



自分の性格を変えるんでなく、

人に協力してもらう

という逆転の発想をしたということでした。



これには脱帽しました。



人見知りの特徴として、

「新しい人に会うのが苦手」だからこそ、

「新しい人と何を話していいか分からない」からこそ、



新しい人に会う人数をなるべく減らせるように(笑)

また、

新しい人に何を話していいか分からないので、

自分から話すんではなくて、

相手に話してもらえるように(笑)



そして、

新しく会っていただいた人から契約をいただけるように、

その会社の情報をホームページやSNSから

徹底的に調べて、

打ち合わせに臨んだとのことでした。




自分自身で決めた自分との約束は必ず達成しつつ、必ず最後は結果が出せると信じていたとのこと




3つ目は精神論になる部分もありますが、

上記2つのことをとことんやり続け、

自分を信じたということでした。



例えば、

今日は1日100件新規アプローチをしよう!

と自分で決めていたとしても、



暑すぎて!

寒すぎて!

モチベーションが上がらない。

こんな時、誰でもありますよね。



こんな時は、

今日は80件は必ず新規アプローチをして、

翌日に残りの20件を挽回、

最終的に自分自身で決めた約束は、

期限を決めて、必ず達成!



これを続けていれば、

必ず結果がついてくると、

自分を信じていたということでした。



人見知りなのに営業は辛い!つらい!克服のコツ



最後に、

私が人見知りを克服したコツをご紹介します。




実も私も当初、どちらかというと人見知りでした。

では、どうやって人見知りを克服したかと言うと、

コツは驚くほど簡単です。


なぜ、自分は人見知りなんだろう?

と感じるのかと、ある日改めて考えてみました。


すると、下の2つが浮かび上がってきたのです。



・私ってどうやって見られているんだろう?


・会話したら知識や教養がないことがバレちゃうかな?



そうなんです。

「相手にどう見れているか?」という

心配と錯覚をしすぎていたのです。


これを解消した一言は、当時の同僚の一言でした。



『君が思うより、人って自分以外の人に興味はないよ。

事実、昨日、君が一昨日着ていて服は覚えてないし。。。

どんな会話をしたのかも覚えていない。。。

だから、人からどう思われるより、

その状況を楽しんだ人が勝ちだよ。


あと、教養がないなら、新聞を読むなり、

本を読むなりして、つけていけばいいじゃん!』



この一言が私をすごく楽に、開放してくれました。



ですので、

相手からどう思われるかを心配しすぎず、

あなたが今からできることを着実に行動に移し、

自分に自信を少しずつ

つけていくことによって、

人見知りは解消できますよ。




以前、ご紹介したテーマも参考にしてください。


口下手な営業は結果が出ない?結果を出す営業ほど口下手が実は多い!




まとめ

人見知りだけど営業になり、人見知りの克服のコツを知り結果が出始めた新卒の営業職の女性が、ガッツポーズをしている写真



今回は、


営業で人見知り!人見知りなのに営業は辛い!つらい!克服のコツとは


をテーマに、



営業歴20年の私が、

私が経験したこと、



またいろいろな人と関わって

営業で人見知りでも

結果は出し続けている人が、

実施している、



やるべき3つのこととして、



●誰よりも行動し続けたこと



●逆転の発想!

お時間をいただけた人は大事にし、

その人にたくさん話してもらうようにした



●自分自身で決めた自分との約束は必ず達成しつつ、

必ず最後は結果が出せると

信じていたとのこと



具体例を挙げながら、

紹介させていただきました。


最後に、

私が人見知りを克服したコツをご紹介しました。




営業で人見知りでも結果は出せます。

なかなか結果が出ないと悩んでいて、

自分でも人見知りと認識している営業職の方は、

ぜひ試してみてください。




ココロが軽くなる、歴史上の人物の名言からも元気をもらいましょう!


注目をまったく浴びていなかった選手が

競泳女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得。

日本中が沸き立った、1992年のバルセロナオリンピック

当時中学校2年の岩崎恭子さん




・いままで生きてきた中で一番幸せ




次回は、


営業で自己pr!新卒編【内定を獲得するコツ!自己分析と志望動機】


という話を紹介します。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*