営業!雑談の入り方【苦手な人でも大丈夫!初心者必見!3つの方法】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雑談をしながら、打ち合わせ中の男女




雑談するネタがないけどどうしたらいいの?



どうやったら上手く雑談できるの?




そもそも、雑談って必要なの?





今回は、


営業!雑談の入り方【苦手な人でも大丈夫!初心者必見!3つの方法】


をテーマに、





雑談は営業をする上で、

すごく大事で、

かつその中でも、

雑談の入り方として、

・自分のことを可能な限りさらけ出す




・事前に調べて、疑問形で質問する




・飛び込み営業の場合は目に入った感じたことを聞く




営業歴20年以上の私が今も実践している方法を

具体例を交えて、

紹介させていただきます。




今回のテーマの前に【まずは前回の振り返りをしましょう】

福岡にある天神という場所の写真




前回は、


天神駅近くで商談!商談で失敗しない!オススメの喫茶店・カフェ5店


テーマに、




天神は大きく分けると、

4つのブロックに分かれるので、




そのブロックの中で、

実際に利用したことがある、

オススメの喫茶店・カフェを


・お客様の打ち合わせ前後の予定




・お客様が喫煙するしない


・打ち合わせする天候、




など、

いろいろな状況を加味しながら、


ご紹介させていただきました。



今回は、


営業!雑談の入り方【苦手な人でも大丈夫!初心者必見!3つの方法】


を紹介します。




<スポンサーリンク>





営業!雑談の入り方【苦手な人でも大丈夫!初心者必見!3つの方法】

雑談を通じて和やかな雰囲気になり、打ち合わせを続ける男女




飛び込み営業だっり、

初めての営業だったり、

商談だったり、




雑談ができる、雑談ができない、

だけでなく、

雑談の入り方は、

営業をする上で、

すごく重要です。




そもそも、

なぜ雑談が必要なのでしょうか?




例えば、


飛び込み営業で、

いきなり

「今、安いから買いませんか?」




初めての営業で、

いきなり

「うちのサービス、

 今、使われている他社の商品よりも、

 性能が良いので、買い替えませんか?」




商談で、

いきなり

「前に教えていただいた、

 貴社の課題は組織の硬直性。

 ですので、それを改善する研修プランを

 持ってきましたから、やりませんか?」




と言われたとしたら、

どう思われますか?




私なら、

「買わされている」




「押し付けられている」




「メッチャ売り込まれている」


とだけ、

感じてしまいます。




あなたはどう感じますか?




そうなんです。

雑談は大事で、

特に入り方がなぜ大事かというと、

「お互いのことを知るため」

なのです。


・どんなことに興味があるのか?




・どんなことに困っているのか?




・今後、どうしたいと思っているのか?



この内容を見ず知らずの人に、

ペラペラと話す人はいないですよね?




少しでも、お伝えいただくための

3つの方法




つまり、

雑談は営業をする上で、

すごく大事で、

かつその中でも、

雑談の入り方について、




営業歴20年以上の私が今も実践している方法を

お伝えします。





自分のことを可能な限りさらけ出す




・どこの生まれで




・どこに住んでいて




・どんな家族構成で




・どんな趣味があるのか




まったく見ず知らずの人に、

自分の素性などを、

積極的に話す方はいないですよね?

もちろん、私もそうです。





初めてあったもの同士、

接点が多い方が、心を開き、

会話も弾み、

そこからいろいろな話につながっていきます。




逆に言うと、

仕事を通じて、何かの縁で

今回お会いできているとも言えるのです。




ですので、

まずは、可能な限り、

自分の素性をさらけ出すことをオススメします。





以下の記事も、

ぜひ読んでいただき、

併せて参考にしてみてください。


営業!自己紹介チラシ!自己紹介シート!例は何がいい?誰でも簡単!




事前に調べて、疑問形で質問する



私は営業に行く際に、

可能な限り、お伺いする会社様のことを調べます。




ホームページにはどんなことが書かれているのか?などです。




・創業の経緯




・扱っている商品




・ブログの内容




など

なぜか?




それは、

私のために、時間をいただいているからです。




ですので、

せっかくなので、その時間を無駄にしたくないからです。




そして、疑問に思ったことを、

率直にお伺いします。




例えば、
Q

なぜ、市場の大きい東京でなく、

藤沢に2店舗目を出したんですか?




A

実は生まれが、藤沢なので、

いつかは地域貢献したいと頑張ってきて、

やっと夢が叶ったんだよ。




Q

そうなんですね。

素晴らしいですね!!

3店舗目も考えているんですか?




A

神奈川も広いから、

次は、横浜を考えているんだ!




このように、

調べて、感じたことを、

疑問形の「か?」でコミュニケーションを

取っていくと雑談が進んでいきます。



なお、

雑談のネタをもっと持っておきたいという方は、

同業他社の情報などがオススメです。




例えば、

Q

同業他社のB社が新商品を出したようです。

ターゲットは貴社と少しかぶっていると

思いますが、ご存知ですか?




A

初めて聞いた。情報ありがとう!

どうやって、対抗したらいいか、

アイデアないかな?

など




このように、

今のネット時代、いろいろな情報を入手できるので、

ぜひ、積極的にネットを活用してください。





以下の記事も、

ぜひ読んでいただき、

併せて参考にしてみてください。




営業の情報収集!情報収集方法とツール紹介!スゴ腕営業の情報収集力






飛び込み営業の場合は目に入った感じたことを聞く




事前に調べられない場合もあると思います。

そんなときは、

感じたことをそのままお伝えすることを、

オススメします。




例えば、

Q

お店キレイですけど、最近オープンされたんですか?




A

いや、もうオープンして、3年目ですよ。




Q

すごくキレイなどのオープン仕立てかと思いました。

3年目を向かえると、

地域の方のリピート率も高く、

お困りごともないんじゃないですか?




A

おかげさまで、リピートされる方は多くて。

強いて言えば、午前中が結構、

アイドリングタイムが多いので、

ここを改善したいんだよね。

など





対極的な視点で見ると、

仕事を通じて、

お互い何かの縁で出会った人同士ですので、




営業という職種を通して、

お困りごとや将来やりたい願望実現に

少しでもお役に立てるようになるために、




この3つの方法を実践することで、

経験、知見、ネタも溜まり、

雑談も、また雑談の入り方も

上手くなりますので、

ぜひ、実践してみてください。





まとめ

雑談がすごく大事ということを知った、笑顔の男性




今回は、


営業!雑談の入り方【苦手な人でも大丈夫!初心者必見!3つの方法】


をテーマに、




雑談は営業をする上で、

すごく大事で、

かつその中でも、

雑談の入り方として、




・自分のことを可能な限りさらけ出す




・事前に調べて、疑問形で質問する




・飛び込み営業の場合は目に入った感じたことを聞く




営業歴20年以上の私が今も実践している方法を

具体例を交えて、

紹介させていただきました。





ココロが軽くなる、歴史上の人物の名言からも元気をもらいましょう!

白洲次郎が夕日の先に未来を見るイメージ写真




GHQに

「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめたり、




天皇陛下からのプレゼントの対応を見て、

マッカーサーを慌てさせたという逸話、




日本で初めて

ジーンズを履いた人物と伝えられている、

白洲次郎



・すべての物事で大事なのはその事自体より、

 それに掛かり合っている

 原則だということを忘れてはならない。





次回は、


福岡!赤坂駅近くで商談!失敗しない!オススメの喫茶店・カフェ5店


という話を紹介します。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*