営業の名刺交換!名刺交換1回で覚えてもらう!営業の名刺入れ活用技

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

街中で新規のお客様との打ち合わせの前に、初めて名刺交換する営業職の女性の写真



今回は、


営業の名刺交換!名刺交換1回で覚えてもらう!営業の名刺入れ活用技


をテーマに、



名刺入れを活用して

すぐに覚えてもらえる秘策を、

エピソードも踏まえて、

紹介させていただきます。


今回のテーマの前に【まずは前回の振り返りをしましょう】

新規の営業活動を頑張っている、営業職の女性の写真



前回は、


上営業!自己紹介チラシ!自己紹介シート!例は何がいい?誰でも簡単!


を紹介させていただきました。



『自己紹介チラシ』を作成し、活用することにより、

営業で結果を出すためのポイント、


『まずは自分を売り込むこと!』


『話をきっかけを作れば話がうまくいく!』


この2点を、

たどたどしく話すことなく(笑)

アピールすることにつながること、



また、自己紹介チラシを作成するにあたり、

今までの自分の人生の振り返りにもなり、


「あんなこともあったな。」


「こんなこともあったな。」


と改めて自分の強みやアピールポイントを整理することに

つながっていく

というを紹介させていただきました。




今回は、


営業の名刺交換!名刺交換1回で覚えてもらう!営業の名刺入れ活用技


を紹介してみたいと思います。


<スポンサーリンク>


営業の名刺交換!名刺交換1回で覚えてもらう!営業の名刺入れ活用技

街中で、新規のお客様との打ち合わせ前の名刺交換が終わり、打ち合わせ場所に向かう笑顔の営業職の女性の写真



営業関係の本には必ず書いてありますが、

最初の挨拶を行う際の第一印象って、

本当に大事ですよね!



それもお互いが一番最初に接近して、

初めてやりとりする作業、

それが「名刺交換」ですね。



その際に最初に見せるツールが、

「名刺入れ」

自分はあまりブランドなどに興味もなく詳しくないのですが(笑)



以前の職場で詳しい後輩などからは、

『あの人の使っている名刺入れ、

 ブランド物ですごく高いやつですよ!』など、



詳しい方もいっぱいいるのも事実です。



今回は、

入社したばかりで、

営業を初めてされる新卒や中途の方でも簡単に活用できる、

1回で覚えてもらえる!名刺入れの驚きの活用術!を伝授します。



ただ、この活用術は人のキャラクターによって、

使えない方もいるので、ご了承ください。



この活用術、

私のたまたまのエピソードから生まれた活用術なのです。



フリーペーパーの営業職をスタートしたばかりで、

当時は営業で結果を出すために、

営業にガンガン力を入れていました。



この時の自分のモットーは、

「1社でも!1人でも多く!名刺交換しよう」

これを日々、繰り返していました。



多い日は飛び込みで1日50社以上を、

積極的にアプローチし続けました。



当然、名刺交換する度に、

名刺を交換してきますよね。



最初はその日のうちに、

名刺交換させていただいた方にお礼状を書き、

その後、名刺フォルダなどに入れていました。



その後、お礼状は書き続けましたが、

名刺フォルダに入れるのが、

だんだんと面倒になり。。。

名刺入れがパンパンになった状態になったのです。



そのパンパンの名刺入れの状態のまま、

初めてお会いしたお客様と名刺交換をすると、



その名刺入れを見た瞬間!

『すごい名刺の量ですね。

 仕事いっぱい抱えてるんですね。』



そう言われた私は、

『いやいや、整理能力がないだけです。』



その後は、終始お互いがリラックスした状態で、

商談が進みました。



「こんな不思議なことがあるんだなー」と思いつつ、

それならば!と、

あえて名刺入れを整理しない状態を続けてみました。



すると!驚きです!

新規のお客様は同じようなリアクションをしていただき、

「名刺入れがパンパンな人」ということで、

すぐ覚えていただけるし、



既存のお客様から紹介をしていただいた方に初めてお会いすると、

『噂通り!名刺入れ本当にパンパンですね(笑)』と。



本当にお金が全然かからずに、

覚えてもらえる術なので、

ぜひ試してみてください。



ちなみに自分の体験ですが、

やはりブランド物の名刺入れの方が、

皮がいいのか?

名刺を入れられる枚数が多いです(笑)




まとめ

新規のお客様との打ち合わせ後、そのお客様から名刺交換1回で覚えてもらえる、名刺入れ活用技を教えてもらい、うれしい表情の営業職の女性の写真



今回は、


営業の名刺交換!名刺交換1回で覚えてもらう!営業の名刺入れ活用技


を紹介させていただきました。



あえて!

パンパンの名刺入れの状態のままにすることで、

覚えてもらいやすくなるということを、

エピソードも踏まえて、

紹介させていただきました。



ただ、何度もお伝えしますが、

この活用術は人のキャラクターによって、

使えない方もいるので、ご了承ください。



ココロが軽くなる、歴史上の人物の名言からも元気をもらいましょう!


岡本太郎



・なんでもいいから、まずやってみる。

 それだけなんだよ。




次回は、


営業!きつい・怖い・しんどい・辛い・疲れた!辞めるべき?悩み解決


という話を紹介します。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*