オンライン営業!リモート商談!ZOOM商談!オンライン営業のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オンライン営業・リモート商談が初めての経験で、どうしていいか分からない年配の営業職の男性




2020年の春からコロナ禍となり、

働き方もライフスタイルも大きく変わってきました。




私のように、

地方に住んでいて、

かつ、40代中盤の営業は、

「営業は対面が基本!」という感覚でしたが、

そうは言っても、時代に適応しないといけない。。。




特に大手企業の担当者の方とは、

オンラインでの商談や打ち合わせが当たり前となっています。




最初は、

使えるかなー?とすごく不安でしたが、

最近では、慣れてきて、

積極的にオンライン営業を実施し、

リモート商談を頻繁に実施をさせていただいています。




今回は、


オンライン営業!リモート商談!ZOOM商談!オンライン営業のコツ


をテーマに、




40代中盤の営業職の私が、

日々、オンライン営業・リモート商談を実施する上で感じている、




・オンライン営業、リモート商談のメリットとデメリット




・オンライン営業、リモート商談のツールについて



・オンライン営業、リモート商談の注意点




・オンライン営業!リモート商談をする際にためになる本





4つの視点から、

具体例を交えて、

ご紹介させていただきます。






今回のテーマの前に【まずは前回の振り返りをしましょう】

営業職の男女の写真




前回は、


営業の受注確度!受注確度の具体的な上げ方・確認方法・管理方法とは


をテーマに、




お仕事をご発注いただく、

つまり、「受注」という区切りをいただくまでのステップを




・受注確度の具体的な上げ方




・受注確度の確認方法


・受注確度の管理方法




3つの角度から、

具体例を交えて、

ご紹介させていただきました。





今回は、


オンライン営業!リモート商談!ZOOM商談!オンライン営業のコツ


を紹介してみたいと思います。




<スポンサーリンク>




オンライン営業!リモート商談!ZOOM商談!オンライン営業のコツ

オンライン営業・リモート商談が初めての経験で、年下の営業職の女性に相談し、タブレットでやり方を教えてもらっている年配の営業職の男性




2020年の春からコロナ禍となり、

働き方もライフスタイルも大きく変わってきました。




私のように、

地方に住んでいて、

かつ、40代中盤の営業は、

「営業は対面が基本!」という感覚でしたが、

そうは言っても、時代に適応しないといけない。。。




特に大手企業の担当者の方とは、

オンラインでの商談や打ち合わせが当たり前となっています。




最初は、

使えるかなー?とすごく不安でしたが、




慣れてくると、

オンラインの方が、




移動時間も必要ない、




人がいっぱいの満員電車に乗ることもない、




暑い街中を歩いて、汗臭くなることもない(笑)




なんて、快適なんだ!と感謝する日々。




最近では、

積極的にオンライン営業を実施し、

リモート商談を頻繁に実施をさせていただいています。




やはり、

食わず嫌いはいけない(笑)

と改めて、

実感しました。




今回は、


オンライン営業!リモート商談!ZOOM商談!オンライン営業のコツ


をテーマに、




40代中盤の営業職の私が、

日々、オンライン営業・リモート商談を実施する上で感じている、




・オンライン営業、リモート商談のメリットとデメリット




・オンライン営業、リモート商談のツールについて



・オンライン営業、リモート商談の注意点




・オンライン営業!リモート商談をする際にためになる本




紹介します。





スポンサーリンク

オンライン営業、リモート商談のメリットとデメリット




●メリット

・移動時間がいらないので、

 打ち合わせや商談数が増やせる




・雑談が対面の時よりも減ることが多いので、

 商談時間が大幅に短くなる




・満員電車、道路渋滞などのイライラが減り、

 精神的ストレスが改善する




・対面時にたまにやらかしていた、

 資料がない、資料を忘れたということがなくなる




・移動がないため、営業エリアやアプローチ企業を

 無限に増やせる





●デメリット

・近くに上司、同期、部下がいないため、

 自分自身を上手くコントロールする必要がある




・対面に比べると、雑談が少ないため、

 お客様との共通点、好きなことなどを

 お伺いするチャンスが減る




・対面と違って「間」がつかみづらいため、

 お客l様と会話がかぶってしまうことがある





オンライン営業、リモート商談のツールについて




今までの傾向として、

オンライン営業、リモート商談のツールとしては、

大きく分けて2つになります。




オンライン営業、リモート商談といえば、

ZOOMで商談を行う場合が90%ぐらいの感覚です。


https://zoomgov.com/jp-jp/meetings.html




ただ、無料登録しているZOOMですと、
・40分という時間制限がある


・1対1でしか使えない




というデメリットもあります。





そのような状況の中で、

最近、大手企業様とのオンライン営業、リモート商談において、

セキュリティの問題から、

マイクロソフトのチームス(Microsoft Teams)での

のオンライン営業、リモート商談の

依頼を受けることが増えています。


https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-teams/group-chat-software





ZOOMと比較すると、

・時間制限が60分で、ZOOMより20分長い




・1対多数 でも使える




という理由から、

最近の私は、

マイクロソフトのチームス(Microsoft Teams)を

使う機会が増えています。





ちなみに、

ZOOMもマイクロソフトのチームス(Microsoft Teams)も

無料で使えます。

この2つのツールをある程度使いこなせれば、

今のところ、問題ないと思います。




オンライン営業、リモート商談の注意点




今までの私の失敗から振り返り、

現在、注意してる点をご紹介したいと思います。




●開始10分前、遅くとも5分前には、入るようにする

オンライン営業、リモート商談を

する場合だけでなく、受ける場合においても、

開始10分前、遅くとも5分前には、入るようにしています。




以前、ギリギリで入ろうとした際に、

パソコンがフリーズして、

お相手の方を待たせてして

しまったことがあるからです。




対面の営業でいえば、

遅刻と一緒ですので、

ここは注意が必要だと感じ、

行動しています。





●紹介する資料を事前に開いて準備しておく

オンライン営業、リモート商談をする方、

あるあるだと思いますが、




共有したいファイルが上手く共有できない

ので、

お待たせしてしまって、

非常に焦る、




なんとかしようと思って、

さらに、非常に焦る(笑)




という、

経験をしたことがある方が多いと思います。




そんな私も、

まだまだ試行錯誤の状態ですが、




PDFであれば、

多数のファイルを開いて、待機できるので、

ご紹介する、またはご提案する、

営業の流れに合わせて、

PDFファイルを事前に開いておいて、

共有するボタンを押したときに、

そのファイルが選ばれていて、

すぐに用意できる状態かをチェックして

オンライン営業、リモート商談に臨みます。



たまに、

イメージ通りにできないので、まだまだです。。。





オンライン営業!リモート商談をする際にためになる本


こちらの本は非常に分かりやすく、

オススメです。



リモート営業の極意







まとめ

オンライン営業・リモート商談が初めての経験から、上手くいく方法などを知り、自信に満ち溢れた表情の年配の営業職の男性




今回は、


オンライン営業!リモート商談!ZOOM商談!オンライン営業のコツ


をテーマに、




40代中盤の営業職の私が、

日々、オンライン営業・リモート商談を実施する上で感じている、




・オンライン営業、リモート商談のメリットとデメリット




・オンライン営業、リモート商談のツールについて





・オンライン営業、リモート商談の注意点




・オンライン営業!リモート商談をする際にためになる本





4つの視点から、

具体例を交えて、

ご紹介させていただきました。




歳を重ねれば重ねるほど、

新しいことにチャレンジすることに、

抵抗を感じやすくなりますが、

やはり、

食わず嫌いはいけない(笑)

なと、

改めて再認識しました。

つねにチャレンジが大事ですね。




ココロが軽くなる、歴史上の人物の名言からも元気をもらいましょう!

白洲次郎が夕日の先に未来を見るイメージ写真



GHQに

「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめたり、



天皇陛下からのプレゼントの対応を見て

マッカーサーを慌てさせたという逸話、




日本で初めて

ジーンズを履いた人物と伝えられている、

白洲次郎の名言



今の日本の若い人に、一番足りないのは勇気だ。

 そういう事を言ったら損する」って事ばかり考えている。





次回は、


営業が上手い人!営業が上手い人の特徴!実践している3つのコツとは


という話を紹介します。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*