営業で結果が出ない!営業で結果が出ない時!すぐ結果を出す方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

営業職の人が営業で結果を出すために、いろいろな資料を分析しているイメージイラスト



今回は、


営業で結果が出ない!営業で結果が出ない時!すぐ結果を出す方法とは


をテーマに、




誰でも簡単に実践できる!

見直しポイントを分析して解決する

方法として、



・ターゲット



・タイミング



・エリア(商圏)



3つを確認し、

アプローチすることがすぐに結果につながることを、

以前、私が務めていたフリーペーパー会社における、

事例を元に紹介させていただきます。




今回のテーマの前に【まずは前回の振り返りをしましょう】

契約が成立し代理店の男性営業とお客様が握手している光景を笑顔で見つめるメーカーの女性営業のイメージ写真



前回は、


代理店営業の大事なポイント【すぐに!結果を出すためのやり方とは】


をテーマに、



スピード感を持って、

信頼関係の構築に真摯に取り組んでいけば、

すぐに結果を出せることを、

具体例を交えて、

紹介させていただきました。




今回は、


営業で結果が出ない!営業で結果が出ない時!すぐ結果を出す方法とは


を紹介してみたいと思います。


<スポンサーリンク>


営業で結果が出ない!営業で結果が出ない時!すぐ結果を出す方法とは

営業職の女性が営業で結果を出すために、いろいろな資料を分析しているイメージ写真



営業活動をきちんとしているのに。。。

なんで結果につながらないんだろう??





どんな業界の営業職の誰もが、

一度ならず、何度も、

経験があると思います。




営業職をスタートし始めのときは、

最初のノリと勢いのまま、

「なんとかなる!なんとかなる!」と自分を勇気付け、

この不安な気持ちを抱えたまま、

なんとか頑張れますが、




この状態が何日も、何週間も続くと、

さすがに、

どうしたらいいんだろう。。。

と、不安が不安をよび、

どんどん悪い流れに。。。




そこで今回は、

営業で結果が出ない!営業で結果が出ない時!すぐ結果を出す方法とは


をテーマに、




以前、私が務めていたフリーペーパー会社に在籍していた際の、

営業で結果が出ない!営業で結果が出ない時!すぐ結果を出す方法として、



誰でも簡単に実践できる!

見直しポイントを分析して解決する

事例を紹介したいと思います。



ポイントは3つ、

それは、



・ターゲット



・タイミング



・エリア(商圏)



です。



あなたの扱っている商品やサービスが、

上記3つのポイントを抑えれば、

営業の結果が出しやすくなるので、

きちんとヒアリングし、

提案することが、

大事となります。



1つ1つ紹介していきます。



●ターゲット

あなたの商品やサービスは、

どの業界や業種の悩みを解決してくれるものですか?



ガンガンアプローチするのも、

将来的には無駄にはなりませんが、

早く結果は出したいものですね。



フリーペーパーの営業の際に、

アプローチツールとして、

使わせていただいていたのは(笑)



・新聞折込チラシ 



・ポスティングチラシ



・ターゲットが一緒の競合媒体



です。



理由は、簡単です。



紙の広告をやっているということは、

紙の広告の良さを分かられていいて、

かつ、新規のお客様を獲得したいという、

意思表示となります。



そこで、例えば、

美容室のチラシが2枚あったとします。



1枚目は、

写真が50代の女性に、

メニューは白髪染め



2枚目は、

写真が10代の女性、

メニューはカラー



ターゲットが確認できるような

ポイントをまず確認し、

あなたが若者向けの商品を

扱っているのであれば、

2枚目の美容室にアプローチすれば、

結果は出やすくなります。



ちなみに、

先日、日経新聞に下記のような記事が出ていました。

「NHK文化研究所の調査によると、

 平日の1日にテレビを見る人の割合は

 前回の85%から79%に減り、

 16〜19歳では、

 前回の71%から47%へと大幅に減少した。」

とのことです。


広告メディアの状況は、

つねに変化するので、

随時チェックが必要となりますね。



●タイミング

結論からすると、

営業アプローチするタイミングの

逆算が必要となります。



例えば、

スポーツクラブを例に紹介します。

スポーツクラブ関係のお客様は、



・正月の折込チラシ



・3〜5月



・9〜10月



販促ポイントになります。



なぜなら、

通う側の心理としては、



・今年こそ!痩せる



・新年度から!運動する



・今年の秋こそ秋からダイエット!



となります。



つまり、

広告をするタイミングの前からアプローチする必要があるのです。



広告を実施する直前、

例えば12月の頭に営業に行ったとしても、

普通、もう予算組は終わってしまっています。



ですので、

目安は遅くても3ヶ月前から

アプローチすることをおすすめします。




●エリア(商圏)

フリーペーパー時代の記憶を辿ると。。。


都市の規模や競合の有無にもよりますが、



・学習塾 1.5km前後



・スポーツクラブ 2km前後



・コンビニエンスストア 700m前後



もちろん、

競合がない状況であれば、

当然、エリア(商圏)も広くなります。



また、

幹線道路、大きな橋など、

すぐ目の前なのに、

必ずエリア(商圏)が分断される地域なども

出てきますので、

その辺も合わせてヒアリングすることも

オススメします。




まとめ

営業で結果が出ない理由のポイントをキチント分析し改善すれば、誰でも結果が出ることを表現したイメージ写真



今回は、


営業で結果が出ない!営業で結果が出ない時!すぐ結果を出す方法とは

をテーマに、



誰でも簡単に実践できる!

見直しポイントを分析して解決する

方法として、



・ターゲット



・タイミング



・エリア(商圏)



3つを確認し、

アプローチすることが結果につながることを、

以前、私が務めていたフリーペーパー会社における、

事例を元に紹介させていただきました。



商品やサービスが違う方でも、

まずは3つの視点から分析すると、

結果が出やすくなりますので、

ぜひ、試してみてください。




ココロが軽くなる、歴史上の人物の名言からも元気をもらいましょう!




松下幸之助!松岡修造!大谷翔平!影響を与える

中村天風



・人生というものは、

 そこに進歩と向上があってこそ生きがいを感じ、

 勉強もし、努力もするんだぜ。




次回は、


営業で結果を出すためには、本当に飲み会が必要?行くべき?頻度は?


という話を紹介します。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*