容貌がすごく身長が戦国ナンバー1の忍者と名高い!風魔小太郎の生涯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

身長が戦国時代ナンバー1の忍者と名高い風魔小太郎のイメージ写真

 

身長が戦国時代ナンバー1の忍者と名高いだけでなく、

伝えられている容姿がものすごい!

ミステリアスな忍者、風魔小太郎の生涯を紹介します。




相模国小田原(現在の神奈川県小田原市)に居城を構えていた、

後北条氏(ごほうじょうし)5代将軍の北条氏直に仕えた

忍者集団のトップであったと思われます。



伝えられている、

容姿と戦い方がすごいのです。

のちほど、解説します。




その後、

大活躍をした風魔小太郎率いる忍者集団ですが、

豊臣秀吉の「小田原攻め」により、

主君、北条氏直を失い、




最後は、

江戸の奉行所による「盗人狩」が行われ、

江戸近辺を荒らしまわっていた盗賊が根絶やしにされ、

その中に風魔小太郎もいたと推測されています。




そんな、

風魔小太郎の生涯を

分かりやすく解説させていただきました。

<スポンサーリンク>

 

歴史上の人物!身長が戦国時代ナンバー1?風魔小太郎とはどんな人物

身長が戦国時代ナンバー1の忍者と名高い風魔小太郎が使えていた主人の城のイメージ写真



風魔小太郎は、

相模国小田原(現在の神奈川県小田原市)に居城を構えていた、

後北条氏(ごほうじょうし)5代将軍の北条氏直に仕えた

忍者集団のトップであったと思われます。




その容姿がすごいのです!

身長が、なんと2m16cm

身長が戦国時代ナンバー1の忍者と名高いだけでなく、




その容姿がすごいのです!


カラダの筋骨が荒々しいだけなく、多数のむらこぶもあり、

眼や口がひろく逆けていて、

黒ひげを生やし、口から4本の牙が出ていて、

頭は七福神の一つである福禄寿(ふくろくじゅ)に似て、

鼻高が高いという、

非常に異様な風貌をしていると噂されています。

すごいですね!




そんな、風魔小太郎率いる忍者集団は、

どんなチーム編成をし、どんな戦い方をしたのかを

解説していきます。



 

武田軍も驚愕!容貌も身長もすごい忍者と名高い!風魔小太郎の戦い方

身長が戦国時代ナンバー1の忍者と名高い風魔小太郎が持っていた武器のイメージ写真



1591年、

武田勝頼が、風魔小太郎が仕えている、

北条氏直家へ侵攻を実施した戦い

「黄瀬川の戦い」が勃発します。



その戦いに際し、

風魔小太郎は、合計200人の忍者を従え、その200人を、

・山賊チーム

・海賊チーム

・強盗チーム

・窃盗チーム

の4チーム、50人ずつに分けて、

各チームのリーダーが率いている組織を作ります。



この4チームが、

雨の夜も、晴の夜も、風の夜も、

いろいろなやり方で、

武田の陣に夜襲をかけ続けます。



最初は馬に藁人形を乗せて武田の陣に数度攻め込みます。

今度も藁人形で攻め込んできたと油断させると、

実は人が乗っていて、夜討ちをかけます。



また、馬を盗んでいくときは、

馬の横腹に貼りついて速く走らせたり、

鎧、武器、食糧、手当たり次第に掠奪するだけでなく、

あちこちに放火し、

敵中にまぎれこんでかちどきの声を上げて

混乱させるなどを続けます。



夜襲をかけ続けられた武田軍は大混乱に陥ります。

主人と家臣が斬り合ったり、

子どもが父親の首をとったりする同士討ちをするように

なってしまったと言われています。



なんとか生き残った武田軍が、一矢を報いようと、

引き上げる風魔小太郎率いる忍者集団に紛れ込みますが、

敵味方を識別する方法にひっかかり、

皆殺されてしまったと伝えられています。




そんな大活躍をした風魔小太郎率いる忍者集団ですが、

豊臣秀吉の「小田原攻め」により、

主君、北条氏直を失い、

下総国(現在の千葉県、茨城県、埼玉県、東京都の東側あたり)の

向崎というところに住んでいた甚内という人物が、

「関東の盗賊の首領はみな風魔の残党・子孫だ」と

江戸の奉行所に密告したことにより、

「盗人狩」が行われ、

江戸近辺を荒らしまわっていた盗賊が根絶やしにされ、

その中に風魔小太郎もいたと推測されています。




現代では、

 

・ゲーム

 戦国無双、パズドラ、fgo、barasa



など、

数々の作品にも取り上げられ、

「忍者という立ち位置」と、

「ミステリアスな風貌」などが、

人気の秘密なんだと思います。

 

まとめ

身長が戦国時代ナンバー1の忍者と名高い風魔小太郎と手裏剣のイメージ写真

 

身長が戦国時代ナンバー1の忍者と名高いだけでなく、

伝えられている容姿がものすごい!

ミステリアスな忍者、風魔小太郎の生涯を振り返ってみましょう。




相模国小田原(現在の神奈川県小田原市)に居城を構えていた、

後北条氏(ごほうじょうし)5代将軍の北条氏直に仕えた

忍者集団のトップであったと思われ、




身長が戦国時代ナンバー1の忍者と名高い、

なんと、2m16cm



身長の高さだけでなく、

その容姿のすごさ覚えてますか?



カラダの筋骨が荒々しいだけなく、多数のむらこぶあり、

眼や口がひろく逆けていて、

黒ひげを生やし、口から4本の牙が出ていて、

頭は七福神の一つである福禄寿(ふくろくじゅ)に似て、

鼻高が高いという、

非常に異様な風貌をしていると噂されていましたね。



また、風魔小太郎をもっと詳しく知りたい方は、

マンガがありますので、

ぜひ、読んで見てください。




戦国忍者列伝 風魔小太郎・雑賀孫市・加藤段蔵 (コミック版日本の歴史)





ここで、突然ですが(笑)

戦国時代の有名人身長ランキングを発表します!


ちなみに、当時の平均身長は157cmと言われています。




●第1位 風魔小太郎 216cm




●第2位 豊臣秀頼  197cm




●第3位 宮本武蔵  180cm




●第4位 織田信長  170cm




●第5位 徳川家康  160cm




●第6位 武田信玄  153cm




●第7位 豊臣秀吉  155cm



風魔小太郎がすごく大きかったのが、分かりますね。




話を元に戻します。


そんな、風魔小太郎はどんなチーム編成をし、

どんな戦い方をしたのか覚えてますか?



1591年、

武田勝頼が、風魔小太郎が仕えている、

北条氏直へ侵攻を実施した戦い

「黄瀬川の戦い」が勃発し、

その戦いに際し、



風魔小太郎は、合計200人の忍者を従え、

その200人を、

・山賊チーム

・海賊チーム

・強盗チーム

・窃盗チーム

の4チーム、50人ずつに分けて、

各チームのリーダーが率いている組織を作りました。



この4チームが、

雨の夜も、晴の夜も、風の夜も、

いろいろなやり方で、

武田の陣に夜襲をかけ続けました。



そして、なんとか生き残った武田軍が、一矢を報いようと、

引き上げる風魔小太郎率いる忍者集団に紛れ込みますが、

敵味方を識別する方法にひっかかり、

皆殺されてしまったと伝えられていましたね。




その後、

そんな大活躍をした風魔小太郎率いる忍者集団ですが、

豊臣秀吉の「小田原攻め」により、

主君、北条氏直を失い、




最後は、

江戸の奉行所による「盗人狩」が行われ、

江戸近辺を荒らしまわっていた盗賊が根絶やしにされ、

その中に風魔小太郎もいたと推測されていました。




よく組織論では、

1人が見れる人数は最大5名までと言われており、

風魔小太郎はそのあたりも実は分かっていて

チームを4つに分けたのかもしれません。



しかも1人のリーダーがみるチームの人数は、

各50名ずつということは、

その4人のリーダーたちの下にもリーダーがいたと考えられることから、

風魔小太郎が選んだ4人のリーダーたちは人を惹きつけたり、

統率したりする才能が高いだけでなく、



各リーダーの特徴を把握し、各チームに据え、

それをまとめていた、風魔小太郎は、

ものすごく人を見る目があるだけでなく、

高い統率力を持った魅力たっぷりの人物だったと推測できますね。

あなたはどう感じましたか?




上手くいってるときも、

ピンチでどうしたらいいんだろうとブルーなときも、

歴史の先輩から学ぶ。

先輩たちの人生を参考にしながら、

明日から、

いやいや今から

自分たちも理想的で素敵な人生を送るために、

自分のペースの明るく・楽しく・元気よく

で、過ごしていきましょう。




次回は、


上杉謙信!前田慶次!伊達政宗!エピソードは?直江兼続の生涯と名言


という話を紹介します。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*