営業は購入後のイメージをポジティブに伝える!早く結果が出る秘訣!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫婦に現状の課題と将来どのようにしたいのかをヒアリングしている、営業職の女性



フリーペーパーなど、

広告業界の仕事に携わると、



広告系の同業種はもちろんのこと、



不動産業界、スクール業界、

飲食業界など、



他業種の方とも接する機会が

いっぱいあります。



結果を出している営業の方とお話しすると、

どんな業界の営業の方でも、



「営業はイメージを的確に伝えると結果が出る」



つまり、

購入後のイメージをポジティブに伝えること」が大事ということを

必ずおっしゃられます。



そこで、今回は、

・BtoB

「広告業界」



・BtoC

「不動産業界」



2つの業界から具体例を挙げて、

「営業はイメージを的確に伝えると結果が出る」



つまり、

「購入後のイメージをポジティブに伝えること」が大事ということを、

紹介させていただきます。




今回のテーマの前に【まずは前回の振り返りをしましょう】

代理店からの問い合わせの電話に答えている外回り中の営業職の女性の写真



前回は、


営業のグロスとは?ネットとは?代理店営業で必須用語!覚えて自信を


をテーマに、



営業のグロスとは?ネットとは?



広告業界を参考に、




●パターン1

あなたが所属しているA社と、

エンドクライアントB社と直接取引する場合



●パターン2

あなたが所属しているA社が、

広告代理店C社を通して、

エンドクライアントB社と取引する場合




すぐに覚えていただけるように、

具体例を挙げて、

紹介させていただきました。



今回は、


営業は購入後のイメージをポジティブに伝える!早く結果が出る秘訣!


を紹介してみたいと思います。


<スポンサーリンク>




営業は購入後のイメージをポジティブに伝える!早く結果が出る秘訣!

夫婦に現状の課題と将来の希望を聞き、いろいろなプランを提案している、営業職の女性



フリーペーパーなど、

広告業界の仕事に携わると、



広告系の同業種はもちろんのこと、



不動産業界、スクール業界、

飲食業界など、



他業種の方とも接する機会が

いっぱいあります。



結果を出している営業の方とお話しすると、

どんな業界の営業の方でも、



「営業はイメージを的確に伝えると結果が出る」



つまり、

「購入後のイメージをポジティブに伝えること」が大事ということを

必ずおっしゃられます。



そこで、今回は、



・BtoB

「広告業界」



・BtoC

「不動産業界」



2つの業界から具体例を挙げて、

「営業はイメージを的確に伝えると結果が出る」



つまり、

「購入後のイメージをポジティブに伝えること」が大事ということを、



紹介させていただきます。




BtoB

「広告業界」



まずは得意分野からお伝えしたいと思います(笑)



TV、新聞、ラジオ、雑誌、新聞折込

どのような媒体を使うことであれ、

お客様の立場からすると、

広告を使うということは、

何かしらの目的をお持ちです。




・ブランド力を上げたい



・知名度を上げて、

 新規のお客様に来て欲しい



・既存のお客様に来て欲しい



などなど、



お客様がどのような目的で広告使うのかに対して、

的確な媒体を提案することはもちろんですが、



今回のテーマの

大事なポイントです!



「営業はイメージを的確に伝えると結果が出る」



つまり、

「購入後のイメージをポジティブに伝えること」が大事となります。



広告なので、

当たり外れはありますが、



例えば、

知名度を上げて、

新規のお客様に来て欲しいという目的であれば、

ヒアリングを実施し、



現状、集客が弱い時間帯があり、

その時間帯に集客が欲しいのであれば、



その時間帯だけの特別な料金設定をして、

欲しいターゲット・エリアなどを加味し、



広告を使ってみて、

実施した際の結果をキチント分析後、

『その後どうするかを、

 もう一度検討しましょう!』

と確認をとってから、

広告を使ってみます。




広告を使ってみて、



・イメージ通りの集客数が来たのか?



・イメージ通りのターゲットが集客出来たのか?



・イメージ通りのエリアから集客出来たのか?




様々な角度からの分析後、



・今回の施作がイメージ通り上手くいったら、

 次に、弱い時間帯にチャレンジするのか?



・今回の施作がイメージ通りに、

 上手くいかなかったら、

 違う特典を考えて、

 再度同じ時間帯にチャレンジするのか?



・今回の施作がイメージ通りに上手くいったら、

 今回集めたお客様のリピート率を上げるための

 施策を実施するのか?




など、

方向性を改めて、いろいろなアイデアを提案し、

お客様に改めて確認してから、

次の提案をすることが大事となり、



それが結果として、

数字としてついてくるのです。




BtoC

「不動産業界」




「営業はイメージを的確に伝えると結果が出る」



つまり、



「購入後のイメージをポジティブに伝えること」が大事となります。



この2つのワードをキチント理解すれば、

結果を出しやすい業界ではないかと思うのが、



・不動産業界



です。




理由としては、

通常の人であれば、

人生で購入する回数がそれほど多くなく、

かつ、単価が高い業界となるからです。



私もそうでしたが、

住宅を購入するポイントは、

子どもが小学校に上がるタイミングが多いので、



通常、住宅を買うエリアは、

今、子どもが通っている学区を中心に、

購入を検討します。



ここまでは、普通なのですが、

最後の営業トークとして、



例えば、

「お子様が通われる学校はプログラミングの授業に、

 力を入れられているみたいなので、

 将来はビル・ゲイツみたいになるかもですよ!」




「子どもさんが巣立った後も、

 このような家の設計になっているので、

 二人暮らしになられても、

 人に家を貸せるなどもできる家なんですよ!」




など、




「営業はイメージを的確に伝えると結果が出る」



つまり、



「購入後のイメージをポジティブに伝えること」が大事となるのが、

お分かりいただけると思います。




まとめ

営業で結果を出すポイントの1つとして、「購入後のイメージをポジティブに伝えること」が大事ということ知り、仕事が楽しくなってきた営業職の女性



今回は、


営業は購入後のイメージをポジティブに伝える!早く結果が出る秘訣!


をテーマに、




●BtoB

「広告業界」



●BtoC

「不動産業界」




「営業はイメージを的確に伝えると結果が出る」



つまり、



「購入後のイメージをポジティブに伝えること」が大事となるということを、



具体例を挙げて、

紹介させていただきました。




ココロが軽くなる、歴史上の人物の名言からも元気をもらいましょう!

中村天風の考えや活動を知り心が晴れやかになるイメージ写真




松下幸之助!稲盛和夫!松岡修造!大谷翔平!影響を与える

中村天風




・とにかく自己向上という意欲を、

 自分の心に燃やさないで、そういう希望や、

 理想を持たないで生きてる人は、

 いいかい、自分自身の人生存在を、

 極めて軽く見ている人だぜ。




次回は、


営業職と販売職の違いとは?就活生や転職を検討しているあなたに解説


という話を紹介します。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*