オリンピック【ボブスレー】どんな競技?日本代表選手は?優勝ラップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北京オリンピックをイメージした画像



2022年2月2日から、

「北京オリンピック」が始まりました。





・スピードスケート




・スキーのジャンプ




・アイスホッケー





などの有名種目ではなく、

「ボブスレー」という種目に注目してみたいと思います。





オリンピック種目【ボブスレー】とはどんな競技?歴史は?ルールは?

2020年北京オリンピック競技のボブスレーをイメージしたイラスト



ボブスレーといえば、



<スポンサーリンク>





映画好きなら思い出すのが、

「クール・ランニング」



簡単に紹介すると、

1993年に、

ボブスレーを題材にしたアメリカのスポーツコメディ映画で、





内容としては、

ジャマイカのボブスレー男子4人乗りチームが、

1988年、

カナダのカルガリー冬季オリンピックに初出場した際の

実話をもとに制作された作品です。





ちなみに、2022年の2月11日

金曜ロードショーで、

映画「クール・ランニング」が放送されるようです。





実際の競技とともに、

楽しみですね。



待ちきれない方は、

こちらからから。

クール・ランニング [DVD]



オリンピック種目【ボブスレー】歴史は?

ボブスレーをイメージしたイラスト



オリンピックの正式競技になったのは、

1924年、

フランスで行われた、

第1回シャモニー・モンブラン冬季オリンピックからで、

当初は男子だけの競技だったようですが、





2002年、

アメリカで行われた

ソルトレークシティー冬季オリンピックから、

女子2人乗りが新種目として加わり、

男子2人乗りと男子4人乗りと合わせて3種目となりました。




オリンピック種目【ボブスレー】とはどんな競技?ルールは?

ボブスレーの競技をしているイメージイラスト



ボブスレーとは、

別名「氷上のF1レース」とも呼ばれているスポーツです。




新幹線のような、

流線型をした鋼鉄製シャーシーのそりに乗り、

全長約1400m前後の氷の壁を疾走します。





操作方法は、至ってシンプル!





そりには、

前方にハンドル、後方にブレーキがあり、

選手たちは、お互いの役割分担をしながら、

滑走します。





ちなみに、

4人乗りの場合は。

ハンドル担当、ブレーキ担当に加えて、

そりを押す役割の2人が追加されます。





最高速度は、150㎞を超えるコースもあり、

体感速度は、およそ2倍とも言われていますので、

300㎞

とF1のレベルです。





早いラップ叩き出すための構成要素としては、

下記の3つとなります。





・「そり」そのものの性能の良さ




・静止したそりを加速させるまでの速さ




・スピードを落とさないコースのライン取り





順位の決め方は、

オリンピックでは、

男女別種目となっていて、

4本滑走して、その合計タイムで競うことになります。





ちなみに、

実は細かいルールがあり、





そりと選手の総重量は、

●2人乗りの場合

・男子ボブスレー

 390kg





・女子ボブスレー

 325kg





●4人乗りの場合

・男子ボブスレー

 630kg





までと、

決められているだけでなく、





そりの最低重量にもルールがあり、

●2人乗りの場合

・男子ボブスレー

 170kg




・女子ボブスレー

 165kg





●4人乗りの場合

・男子ボブスレー

 210kg




と決められており、

重量を下回ると失格になってしますのです。





調べれば、調べるほど、

いろいろとルールがあるのに、

驚きです。



オリンピック【ボブスレー】日本代表選手はどんな人?優勝ラップは?

オリンピック「金・銀・銅」3種類のメダルをイメージした写真



残念ながら。。。

今回ボブスレーの日本代表はいないようです。





気になる優勝タイムですが、

平昌オリンピックで、

●2人乗りの場合

・男子ボブスレー

 カナダ 3:16:86




・女子ボブスレー

 ドイツ 3:22:45





●4人乗りの場合

・男子ボブスレー

 ドイツ 3:15:85





男女ともに、

前回の平昌オリンピックのタイム以上が

優勝タイムの

目安になると思われます。





北京オリンピックの結果が出ました。



●2人乗りの場合

・男子ボブスレー

 ドイツ 3:56:89

ちなみに、ドイツが1位・2位・3位を独占しました!!




・女子ボブスレー

 ドイツ 4:03:96

ちなみに、2位もドイツ・3位はアメリカチームでした。



●4人乗りの場合

・男子ボブスレー

 ドイツ 3:54:30

ちなみに、2位もドイツ・3位はカナダチームでした。



また、ボブスレーや冬季オリンピックに関連する本なども

ございますので、

興味のある方は、ご覧ください。




下町ボブスレー 僕らのソリが五輪に挑む-大田区の町工場が夢中になった800日の記録- (B&Tブックス)



下町ボブスレー 世界へ、終わりなき挑戦



NHK特集ドラマ「下町ボブスレー」オリジナルサウンドトラック



伝説のアイスレーサー



氷の競技・種目の技やみかた (しらべよう!知っているようで知らない冬季オリンピック)





ココロが軽くなる!元気ももらえる!オリンピック出場選手たちの名言

東京オリンピックでブルーインパルスの飛行風景と出場選手たちの名言も思い出し、心が晴れ晴れとしているイメージ写真



●卓球 水谷隼選手

2021年7月26日

伊藤美誠とペアを組み、

あの卓球大国・中国をやぶり、

世界の頂点に輝いた後のコメント



・この東京オリンピックで、

 今までのすべてのリベンジができた





●レスリング 川井梨紗子選手

2021年8月5日

2大会連続となる金メダルを獲得した後のコメント




・今まで起こってきたこと、

 良いことも悪いこともすべて

 この日のためにあると思って

 戦っている




ココロが軽くなる、歴史上の人物の名言からも元気をもらいましょう!

中村天風の考えや活動を知り心が晴れやかになるイメージ写真




松下幸之助!稲盛和夫!松岡修造!大谷翔平!影響を与える

中村天風




・心も身体も道具である。





上手くいってるときも、

ピンチでどうしたらいいんだろうとブルーなときも、

歴史の先輩から学ぶ。

先輩たちの人生を参考にしながら、

明日から、

いやいや今から

自分たちも理想的で素敵な人生を送るために、

自分のペースの明るく・楽しく・元気よく

で、過ごしていきましょう。





次回は、

メダルを獲得した人物を紹介します。


イケメン!森重航!スケート!オリンピック!人物像と獲得秘話に迫る


<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*